Windows 10、2019年秋の大型アップデート「November 2019」提供開始

Windows 10、2019年秋の大型アップデート「November 2019」提供開始

  • マイナビニュース
  • 更新日:2019/11/13
No image

米Microsoftは11月12日(現地時間)、Windows 10の2019年秋の大型アップデート「Windows 10 November 2019 Update」(バージョン1909)の正式提供を開始した。Windows Updateにおいて「更新プログラムをチェック」することでインストールできる。

Windows 10 November 2019は他の機能アップデートと同じように、Windows Updateに表示される。すぐにアップデートしたい場合は、November 2019リリース前の最新の状態で「設定」の「更新とセキュリティ」のWindows Updateにおいて「更新プログラムのチェック」を行い、バージョン1909へのアップデートが表示されたら「ダウンロードとインストール」を押す。最新状態であってもバージョン1909が表示されない場合、使用しているPCの構成の互換性問題がまだ解決されておらず、セーフガードによってバージョン1909へのアップデートが止められている可能性がある。

他にもWindows 10 November 2019は、Windows Server Update Services (WSUS)、Windows Update for Business、ボリュームライセンスサービスセンター (VLSC)などで利用できるようになった。

Windows 10の大きな機能アップデートは春と秋に年2回行われているが、これまでの大型アップデートに比べると、November 2019は安定性の向上とプラットフォームの整備を優先したアップデートになっている。File Explorerの検索ボックスからインデックス化されたOneDriveのコンテンツも検索できるようになったり、ロックスクリーンでサードパーティのデジタルアシスタントを音声で呼び出せるなど、様々な機能追加が行われているが、大きな変更は2020年春以降に持ち越されている。すでにバージョン1903を使用している場合、バージョン1909はサービスパックや累積アップデートに近い機能アップデートになる。

なお、Windows HomeおよびProのバージョン1803 (Windows 10 April 2018 Update)のサポートが11月12日に終了になった。2018年秋のWindows 10 October 2018 Updateでアップデート時に一部のデータが消失する問題が起こった影響で古いバージョンを使い続けているユーザーもいるが、エコシステムの健全性を保つためにMicrosoftは古すぎるバージョンからのアップデートを促しており、同社はバージョン1803を後継版へと自動アップデートするプログラムを7月に開始していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
キヤノンの新コンセプトコンデジ「iNSPiC REC」発表会にあった望遠専用コンデジに興奮した
前後ドラレコ+デジタルミラーで死角を大幅に減少。ソニーセンサーで夜道も明るい「ネオトーキョー ミラーカム」
Amazonサイバーマンデーがスタート!PS4+ソフト2本セットやOculus Rift S、ゲーミングデバイスなどがセール価格に
24時間クラウド録画無料・180度広角Wi-Fiネットカメラ「SpotCam Pano」を衝動買い
明日からだよ、Amazonサイバーマンデー。ギズモード編集部はこのへんの製品が気になってます
  • このエントリーをはてなブックマークに追加