沢尻エリカ、「薬物事件」で「松坂桃李ファンが大ショック」の理由!

沢尻エリカ、「薬物事件」で「松坂桃李ファンが大ショック」の理由!

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2019/11/19
No image

11月15日、法律違反の合成薬物である「MDMA」を所持していたとして逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者。映画「ヘルタースケルター」など、これまで数々の作品で女優として高い評価を得ているほか、世間を騒がせた「“別に”発言」など独特のキャラクターで知られる「エリカ様」の逮捕は日本中に衝撃を与えている。

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」では斎藤道三の娘・濃姫役で出演が予定されていたが、今回の事件により降板は避けられない状況。現在公開中の彼女が出演する映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」にも「打ち切り説」が囁かれていて、多くの関係者が対応に追われている。

今回の事件の影響について「損害額は10億では済まないでしょう」と指摘するのはテレビ関係者だ。

「公開されたばかりのシリーズCMが中止になったうえ、『麒麟がくる』では『放送時期変更』の可能性まで出てきている。多くの人気作がお蔵入りの危機にさらされる沢尻容疑者の逮捕は芸能界に甚大な影響を及ぼすのは間違いありません」

そんな沢尻容疑者の逮捕を受けて「俳優・松坂桃李のファンに大ショックを与えていると聞きましたね」と同関係者。いったい彼女と松坂との間にどのような関係が──。

「松坂が主演を務め、沢尻容疑者も作品に欠かせない役で出演していた2018年公開の映画『不能犯』の続編制作が絶望的になってしまったんです。『パート2』の期待が高まっていただけに、松坂ファンのショックも計り知れません」(前出・テレビ関係者)

まだまだ薬物逮捕の波紋は広がりそうだ。

(川瀬大輔)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ライアン・レイノルズ、デッドプールやピカチュウに続くハマり役!?映画『6アンダーグラウンド』
丸山隆平がドラマWで初主演、『超高速!参勤交代』コンビが描くダメ男のロードムービー
『仮面ライダージオウ』とウォズをいつまでも忘れずに愛してほしい - 渡邊圭祐が語る映画とこれから
『アナ雪2』エルサの「スピリチュアルな自己実現」の奇妙さを考える
関ジャニ∞丸山隆平、6年ぶり連ドラ主演で“ダメ男”に<大江戸グレートジャーニー ~ザ・お伊勢参り~>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加