そのmods、まだまだ使えるよ。ガジェッティなモジュール式スマホ「moto z3 Play」日本上陸!

そのmods、まだまだ使えるよ。ガジェッティなモジュール式スマホ「moto z3 Play」日本上陸!

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2018/10/12
No image

Image: Motorola

手頃な価格で、遊べるヤツ。

モジュールをガッチャンコと追加できるMotorola(モトローラ)の「Z」シリーズ。スマホ全体としてみると、なかなかにニッチな存在ながらも、根強いファンもいる印象があります。筐体も薄くていいですよね。zシリーズユーザーは、z3のハンズオンを読んでウズウズしていたんじゃないかな? おまたせ! 「moto z3 Play」も日本で出るって!

発売日は2018年10月13日。公式のmoto storeでは61,344円(税込)となっています。もちろんSIMフリーです。

主な仕様は、Android 8.1に、SoCはSnapdragon 636、メモリ4GB、ストレージ64GB、画面はノッチなし+ラウンドエッジの6.01インチ(2,160×1,080px、403ppi)、SIMトレイはDSDS対応でMoto Zシリーズとしては、初めて国内すべてのキャリアでできるとのことです。詳しくはこちらをどうぞ。

No image

Image: Motorola

スペック的にはミドルクラスなんですけど、Zシリーズを象徴とするモジュール式の機能拡張「moto mods」に引き続き対応しています。モバイルバッテリー、スピーカー、ワイヤレス充電、光学10倍ズーム、プロジェクターなどなど、さまざまな機能を背面にパチリと追加して楽しめるんですよ。最高にギークでガジェッティな遊びができるヤツです。

No image

Image: Motorola

またZシリーズもデュアルカメラになりました。1200万画素(f/1.7)+500万画素(深度センサー)。独自路線でありつつも、トレンドはちゃっかり押さえていますね〜。連写した写真をアニメーション化するといったシネマグラフ機能も追加されていますよ。そしてフロントカメラはLEDフラッシュを備えた800万画素(f/2.0)となっています。

海外モデルだと外部バッテリーとなるmods「Power Pack」が付属してきたみたいですが、国内だと「スタイルキャップ(着せ替えカバー)」と「SDカード」という若干モニョるオマケになっていました。

小声で言いますけど、どうせならバッテリーがよかったな…。

Source:Motorola

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
最近のものってこんなにすごいの? 有能すぎる「家計簿アプリ」3選
Core i9-9980XEはスゴイの?詳細スペックから検討する第9世代Coreと次期Core Xの価値
ドコモ、名刺サイズの「カードケータイ」発表
異世界ソ連のFPS『Atomic Heart』設定の一端が垣間見える動画「Soviet Television at Facility 3826」公開
ドンキで発売開始した3980円のスマートウォッチ『アクティブギア ライフロガー』を買ってみた!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加