「最強のムラカミ」に 床運動金メダルの村上茉愛が帰国/体操

「最強のムラカミ」に 床運動金メダルの村上茉愛が帰国/体操

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/10/11

体操の世界選手権(モントリオール)女子種目別の床運動で、日本勢として63年ぶりの金メダルを獲得した村上茉愛(21)=日体大=が11日に帰国し、東京都内で記者会見した。前日に到着する予定だったが、航空機の機材トラブルのため1日遅れ。それもあってか、「今回ほど早く日本に帰りたい、家族や同期と話したいと思ったことはなかった」と喜びを表した。

カナダにいる間は日本の新聞などを見ても「実感がわかなかった」というが、「帰ってきて、取材陣以外の一般の方からも『おめでとう』と声をかけられ、メダルの価値を感じた」と笑顔を見せた。

個人総合では予選を1位で通過したが、「まさか1位とは思っていなくて、(決勝では)プレッシャーの中でうまく演技できない自分の弱さを感じた」と、4位に終わってメダルを逃した悔しさを振り返る。

一方、種目別では「何回も練習して、仕上がっている状態で出られた。何一つ不安なく、得点を稼ぐ演技ができた」と納得の表情で振り返る。

今後の目標としては「床と跳馬は点を稼げるので、上げていくだけ。平均台と平行棒は弱いが、練習で普段乗っていても試合で力を出さなきゃ意味がない。プレッシャーの中で確実に成功させる経験をしないと」と実戦を重ねて力を積み上げていく考えを示した。

東京五輪へ向けて「今回(の個人総合で)は緊張とプレッシャーで演技にミスが出た。弱いところを強化したらメダルを取れる。3年間でプレッシャーに負けない自分になり、どんなときも質の高いミスのない体操をすることが、今回(の種目別)のように、軽い気持ちで入るためには必要だと思う」と分析。「(東京五輪では)『最強のムラカミ』といってもらえるように頑張りたい」と力を込めた。

一番したいことを聞かれて、「おいしいご飯を食べたい。それと(日体大の)寮に戻って同期としゃべったり笑ったりしたい」と待ちきれない様子。自身のキャッチフレーズを尋ねる質問には、「難しいですね」と悩みながらも、「力強いバネのある演技を目指しているので、“ゴムまり娘”と呼んでください」と照れ笑いした。

No image

体操の世界選手権で日本女子として63年ぶりの金メダルを獲得し、帰国した村上茉愛=東京・渋谷区の岸記念体育会館

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
だから日本に2泊で韓国は1泊なのね...トランプ大統領の訪日中の予定を知り、「滞在時間は関係ない」と強気だった韓国ネットもしぶしぶ納得
水曜日DT、クロちゃん「衝撃奇行」にドン引き!?
浦和サポーターが大ブーイング! 上海上港の非紳士的行為に乱闘騒動が勃発
大人のおもちゃ「アナルプラグ」をハッキングして第三者が自由にコントロール可能に
高嶋ちさ子 夫からの“絶縁宣言”に「上等だよ!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加