最新ランキングをチェックしよう
京口、親交ある比嘉大吾の王座剥奪に言及「責任とプロ意識」

京口、親交ある比嘉大吾の王座剥奪に言及「責任とプロ意識」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/04/24

京口は体重超過でWBC世界フライ級王座を剥奪された比嘉についても言及。「大吾とは仲がいいので苦言みたいなことは言いたくはないけど、(リミットまで)落としてほしかった」と残念がった。

IBF世界ミニマム級王者・京口紘人

 ミニマム級で戦う自身も減量は「キツく感じるようになっている」ため、筋力トレを自粛中。減量は「自己責任」といい「それができてプロ」と断言していた。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レスリングの太田忍が金メダル“1号” 日本勢不振の中、初出場の祭典で「君が代」流す/アジア大会
10・7横アリで日本初開催WBSSを戦う井上尚弥に全試合KO優勝指令!
女子レスリング、金メダルゼロ!栄ショック...東京五輪へ不安
アジア大会4日目、レスリングでも金メダル
内藤哲也“ロスインゴ”アイルランドの大会に参戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加