講談社が陸海軍から、圧倒的に「優遇」された「残念な理由」

講談社が陸海軍から、圧倒的に「優遇」された「残念な理由」

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2019/10/19

ノンフィクション作家・魚住昭氏が極秘資料をひもとき、講談社創業家・野間家が歩んできた激動の日々と、日本出版界の知られざる歴史を描き出す大河連載「大衆は神である」。
戦況が悪化する中、紙の割り当てや雑誌の統廃合を通じて、国は出版界への統制を強めていった。そうした苦しい出版界にあって、講談社は意外にも「新雑誌」を創刊することになる。陸軍と海軍からの委託を受けた新雑誌であった——。
連載第1回 :「極秘

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加