シンガポール航空、名古屋/中部〜シンガポール線にボーイング787-10型機投入開始

シンガポール航空、名古屋/中部〜シンガポール線にボーイング787-10型機投入開始

  • Traicy
  • 更新日:2018/07/29
No image

シンガポール航空は、7月28日より、名古屋/中部〜シンガポール線にボーイング787-10型機の投入を開始した。

日本線への投入は、大阪/関西、東京/成田に次いで3路線目となる。年内には福岡にも就航する見通し。シンガポール航空のボーイング787-10型機は、フルフラットとなるビジネスクラスを「1-2-1」配列で36席、エコノミークラスは「3-3-3」配列で301席の計337席を配置している。

ビジネスクラスでは「菊乃井」の村田吉弘氏が特別に考案したメニューとともに、7月と8月はうなぎ、9月は愛知県三河産のみかわ牛を使用したメニューを提供する。エコノミークラスでも7月から9月までうなぎを使用したメニューを提供する。

搭乗口で開催された就航記念式典では、シンガポール共和国大使館のルイ・タック・ユー全命特権大使、河村たかし名古屋市長、国土交通省中部空港事務所の松本洋空港長、中部国際空港の友添雅直代表取締役社長、ボーイング民間航空機部門サプライヤーマネージメントのチャーリー・コーシニアマネージャーのほか、機体のサプライヤーである三菱重工業、川崎重工業、SUBARUの関係者も出席した。

シンガポール発の初便となるSQ672便は、シンガポールを午前0時25分に出発し、名古屋/中部には午前7時52分に到着。折返しの名古屋/中部発の初便となるSQ671便は満席となる337人を乗せて、午前11時8分に出発し、シンガポールには午後4時28分に到着した。

■ダイヤ

SQ671 名古屋/中部(10:30)〜シンガポール(16:20)

SQ672 シンガポール(01:20)〜名古屋/中部(09:05)

詳細はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
JT、たばこ150銘柄の値上げ申請
テスラ社のイーロン・マスクに7兆円もの資金を提供する組織の名
JTがたばこの値上げ発表 紙巻や加熱式など150銘柄
【SDGs】五輪控え「待ったなし」 成長戦略と両立、日本モデル狙う
スズキ「ジムニー」を一年待ちでも買うべき理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加