プジョーの「i-Cockpit」、プレジャーボートに搭載...コンセプトモデル発表

プジョーの「i-Cockpit」、プレジャーボートに搭載...コンセプトモデル発表

  • レスポンス
  • 更新日:2017/12/05
No image

プジョー・シー・ドライブ・コンセプト

もっと画像を見る
プジョーは12月2日、フランスで開幕したパリボートショー2017において、『シー・ドライブ・コンセプト』を発表した。

シー・ドライブ・コンセプトは、フランスのプレジャーボートメーカー、ベネトウ(Beneteau)社とプジョーが共同開発。ベネトウのプレジャーボートに、プジョー車向けの新世代コクピット、「i-Cockpit」を組み込んだ。i-Cockpitはプジョーが2012年、まずは『208』に採用。その後、導入車種を拡大し、現在ではおよそ400万台にi-Cockpitが搭載されている。

最新のi-Cockpitでは直感的で、より自然なドライビングエクスペリエンスを目指してデザインされた操作パネルが特徴。人間工学に基づいたヘッドアップインストルメントパネルやタッチスクリーンには、従来にない技術を注ぎ込む。

具体的には、ステアリングホイールをよりコンパクトにし、ドライバーの視界や足下スペースを開放できるように配慮。ヘッドアップインストルメントパネルは、近未来的なグラフィックの12.3インチの高画像デジタルスクリーン。自由にカスタマイズでき、ドライバーが必要とする全ての情報を視界に映し出す。

また、それぞれの設定機能ではアニメーションや変化が強調され、見る楽しさを演出。大型8インチのタッチスクリーンは、インストルメントパネルの中央へ、タブレットのように配置。双方向のテクノロジーにより、使用時の反応と実用性を高めた。

シー・ドライブ・コンセプトでは、プジョー車同様、コンパクトなステアリングホイールを採用。大型の17インチタッチスクリーンには、プレジャーボートの電子機能にアクセスできるShipControlインターフェースを導入。主要なナビゲーション情報を見やすく表示している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
50型4Kで4万9800円の液晶テレビが本日発売。直下型LEDパネルや低遅延モード搭載、メイン基板は日本製
あと3年で、日本の自動車メーカー等の「品質」は世界で通用しなくなるかもしれない
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで80%以上オフも! 多機能ハブや多ポート電源タップがお買い得に
24時間お酒OKなスタートアップは業務改善もアジャイルで民主的
この冬に格安SIMとセットで買いたい 厳選SIMフリースマホ3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加