[MOM473]大阪学院大FW斎藤寛平(4年)_阪南大を沈める一撃!!“無名の存在”から攻撃のキーマンへ

[MOM473]大阪学院大FW斎藤寛平(4年)_阪南大を沈める一撃!!“無名の存在”から攻撃のキーマンへ

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/10/13
No image

[10.8 第95回関西学生L後期第4節 阪南大0-1大阪学院大 太陽が丘]

藤原義三監督が狙った通りの勝利だった。「高い位置から奪いに行き、二つめ、三つめとプレスをかけていけば、阪南と言えどもミスが出る。そこで奪ってカウンターを仕掛けようというプランだった。そのためにはマイボールにした後、寛平(斎藤)のところで踏ん張ってもらう必要があった」と期待をかけた攻撃のキーマンが忠実に役割を果たした。

大阪学院大のFW斎藤寛平(4年=向上高)はフィジカルが強く、前線のターゲットとしてボールを収めることに秀でたFWだ。この日のゴールについては「DFが僕についていたので、長谷川(覚之)に落とそうとしたんですけど、ゴールが見えたので感覚で打ったら決まりました」と殊勲の場面を振り返った。阪南大のDFふたりの寄せを交わしての得点に「日頃の練習が実った」と笑顔を見せるが、「FWなのに今季リーグでは初ゴールなので、まだこれからです」と気を引き締める。

向上高では「ベンチに座る時間の方が長かった」という斎藤。「関東の強豪大では入部のセレクションすら受けられないけど、関西なら門戸は開いているから大院大に来た」と話す。しかし、大院大は部員数250名を超える大所帯。斎藤も一番下のカテゴリーからのスタートとなった。そんな中、前田雅文コーチ(現・関西大監督)とともに、夜遅くまで練習に励んだことが次第に成果となり、少しずつステップアップしていった。

だが、トップチームに絡むことができるようになったことで、逆に気持ちに緩みがでてしまう。昨年は規律違反で練習への参加を禁止されたこともあり、不完全燃焼な一年となる。最上級生として迎えた今シーズンは、甘えを捨てて自らの将来も賭け、一戦一戦に全力でぶつかる。

大院大の攻撃には欠かせぬ存在となりつつある斎藤に対し、藤原監督は「収めるのはうまいが、それだけではダメ。シュートがへたくそなので、FWとしてもっと決められるようになってくれないと」と課題も指摘する。本人も「あとはシュートの精度」と自らの弱点を把握し、日々のトレーニングを欠かさない。

スタンドの仲間から、ひときわ大きな声援を受ける人気者が、試合を決める一撃で、チームメイトに笑顔と歓喜をもたらすことができるよう、身体を張りゴールへと突き進む。

(取材・文 蟹江恭代)●第95回関西学生1部L特集

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
上海上港のマナー違反に大ブーイング 浦和ボール時に中断、ボール返さず
いまでも「責任を感じている」金崎との一件。前鹿島監督・石井正忠の回想録【インタビュー】
横浜FC奥寺監督「難しい」21年ぶりJ采配ドロー
J1残り5試合「今節の注目ポイント」 熾烈な優勝&残留争いの行方...新潟は降格決定も
中国サッカーが日本に勝てないのは、サポーターの応援の「差」かもしれない=中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加