新潟レンタル中のFC東京MF梶山が現役引退...味スタ“多摩川クラシコ”の終了後にセレモニー実施へ

新潟レンタル中のFC東京MF梶山が現役引退...味スタ“多摩川クラシコ”の終了後にセレモニー実施へ

  • ゲキサカ
  • 更新日:2018/11/26
No image

FC東京は14日、アルビレックス新潟に期限付き移籍しているMF梶山陽平(33)が2018年シーズンをもって現役を引退することを発表した。24日に味の素スタジアムで開催されるJ1第33節・川崎F戦の試合終了後、引退セレモニーを実施する予定だという。

梶山はFC東京の下部組織で育ち、2003年から2種登録選手としてトップチームに帯同。2004年にトップ昇格し、同年にJリーグ優秀新人賞を受賞したほか、同年のナビスコ杯(現ルヴァン杯)優勝、2011年の天皇杯優勝などに貢献した。

2013年にギリシャのパナシナイコスに期限付き移籍し、同年8月には大分へレンタル。2014年にFC東京へ復帰したが、今年7月に出場機会を求めて新潟へ期限付き移籍していた。今季J2リーグ戦ではここまで3試合に出場している。過去に年代別の日本代表も経験し、2008年の北京オリンピックでは10番を背負って全3試合に出場した。

梶山はFC東京のクラブ公式サイトを通じ、「11歳の時にサッカースクールに入会し人生の三分の二である22年間をFC東京でサッカーをすることが出来て、とても幸せでした。良い時も悪い時も、ファン・サポーターのみなさんと共に歩むことができ、いつも変わらず応援していただきました。本当にありがとうございました」と感謝を語っている。

続けて「唯一、FC東京での心残りはJ1リーグで優勝出来なかったことです。ただ近い将来、ファン・サポーターのみなさんと共に必ず優勝できると確信しています。これからもFC東京を応援していただき、共に戦ってください」と呼びかけた。

また、新潟に対しても「今年の夏にアルビレックス新潟に加入し、多くのファン・サポーターの方に声をかけていただき、監督以下選手・スタッフも温かく迎えてくれました。少しでもチームの力になりたかったのですが、怪我をして何もできず、残念であり大変申し訳なく思っています。 ただ、ここで出会った仲間やファン・サポーターは私の宝物です。来シーズンは必ずJ1に昇格できると信じています。 これからもずっと応援しています。本当にありがとうございました」と感謝の言葉を述べている。

以下、クラブ発表プロフィール

●MF梶山陽平

(かじやま・ようへい)

■生年月日

1985年9月24日(33歳)

■身長/体重

180cm/73kg

■出身地

東京都

■経歴

FC東京U-15-FC東京U-18-FC東京-パナシナイコス(ギリシャ)-FC東京-大分-FC東京-新潟

■代表歴

2002年:U-17日本代表

2003年:U-18日本代表、U-20日本代表

2005年:U-20日本代表(FIFAワールドユース2005オランダ大会 出場)

2007年:U-22日本代表

2008年:U-23日本代表(北京オリンピック 出場)

■出場歴

J1リーグ:267試合16得点

J2リーグ:37試合6得点

J3リーグ:13試合

カップ戦:54試合7得点

天皇杯:28試合4得点

ACL:4試合1得点

ギリシャスーパーリーグ:8試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2018シーズンJリーグ特集ページ

●2019年Jリーグ移籍情報

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【天皇杯決勝 採点&寸評】浦和1-0仙台|堅実な試合運びで12年ぶりの戴冠!決勝点の宇賀神以上に輝いたのは?
名将オリヴェイラが浦和にもたらした大団円 “魔法”に込められたACLへの熱き思い
浦和V 監督自らサポ集う飲食店訪問し熱烈応援直訴
浦和、天皇杯V7 J初4戦連続完封で平成最後の王者 低迷リーグ戦から躍進
「元王者がACLの舞台に戻ってくる」天皇杯優勝の浦和をAFC公式も祝福! 宇賀神のゴラッソを称賛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加