花咲徳栄、聖光学院など初戦突破 10日夏の甲子園

花咲徳栄、聖光学院など初戦突破 10日夏の甲子園

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/10
No image

聖光学院先発の斉藤郁也(撮影・前田充)

<全国高校野球選手権>◇10日◇1回戦4試合

第99回全国高校野球選手権大会は第3日、1回戦4試合が行われ、日本航空石川(石川)花咲徳栄(埼玉)聖光学院(福島)聖心ウルスラ学園(宮崎)が2回戦に進出した。

第1試合は、日本航空石川は3点を追う9回、1点をかえし、なお2死満塁から原田が2点適時打を放ち同点。さらに4番上田が決勝の左前適時打でこの回6安打で4点を奪い逆転。8年ぶりの夏1勝を挙げた。

第2試合は、花咲徳栄は強力打線が15安打9得点を奪って圧勝。投げては綱脇、清水の完封リレーで3年連続の初戦突破となった。

第3試合は、聖光学院はエース斎藤が5安打12奪三振とおかやま山陽打線を封じ、今大会完封一番乗りを果たした。戦後最長11年連続出場の聖光学院が昨夏の8強に続き2年連続の初戦突破となった。

第4試合は、12年ぶり2度目出場の聖心ウルスラ学園が、九州対決で初出場の早稲田佐賀を下し、春夏通じてうれしい甲子園初勝利を挙げた。2回に上村奎仁(2年)の投前スクイズで先制。4回にも上村が左前に2点適時打を放つなどこの回4点を加点。エース戸郷翔征(2年)は早稲田佐賀相手に9回2失点、毎回の11奪三振の力投で完投勝利を挙げた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【笑いあり涙あり】高校球児あるある70連発
大阪桐蔭、悪夢の逆転サヨナラ負け
ありがとう三本松 公立の星に3500人大応援団感動
大阪桐蔭悲運の一塁中川卓也、打者走者と交錯の伏線
大阪桐蔭 新チームが始動 福井主将 中川へ「絶対折れたらアカンぞ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加