低姿勢王者・山中自信は本物 初の8キロ減量もパンチ力ついた

低姿勢王者・山中自信は本物 初の8キロ減量もパンチ力ついた

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/07/14
No image

調印式後に笑顔で写真撮影に応じる山中竜也(左)とサルダール

「ボクシング・WBO世界ミニマム級タイトルマッチ」(13日、神戸市立中央体育館)

王者・山中竜也(真正)の2度目の防衛戦の調印式が11日、神戸市内で行われた。挑戦者のビック・サルダール(フィリピン)とともに記者会見に臨み、相手陣営の気の早い再戦の青写真に、持ち前の腰の低さで“先制パンチ”を食らわせた。

初対面から和やかなムードが続いた両陣営。だが、大一番を前に緊張感は徐々に高まってきた。記者会見でサルダール陣営のロンタル・マネジャーは「勝って(山中に)再戦のチャンスを与えたい。日本に戻ってきたい」と明言。勝利を前提にリマッチをオファーするのは、王者への挑発とも取れる発言だ。

しかし、山中は顔色も変えず「(再戦ではなく)しっかり1回で勝ちたいと思う」と笑顔で応戦。写真撮影で恒例の「にらみ合い」でも吹き出してしまい、最後は深々とお辞儀をして両手で握手を求めるなど、あまりの腰の低さに挑戦者も驚くしかなかった。

ウエートはリミット(47・6キロ)まであと200グラムと順調。筋力アップの成果もあり、この1カ月で「ボクシングをやって初めて」という8キロの減量を経験したが、それだけパンチ力がついた実感はある。「しっかり練習してきた。あとは勝つだけです」という強気の言葉は本物だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新日本・矢野、母校日大のイメージ払拭へレスリング技術披露も敗戦
オメガ、内藤との死闘制して酷評「進化していない。みんな飽きてる」
【復刻】パーキンソン病からの復活を目指すマサ斎藤
“モンスター”井上尚弥のWBSS参戦を公式サイトが発表!残る出場枠は1人
GACKT、パッキャオとの2ショット披露 クララルンプールでの世界戦生観戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加