最新ランキングをチェックしよう
中国:北京スモッグに「スーパー耐性菌」、当局は有害性否定

中国:北京スモッグに「スーパー耐性菌」、当局は有害性否定

  • FISCO
  • 更新日:2016/12/01

株式会社フィスコ
中国の北京市をしばしば覆うスモッグに、抗生物質が効かない「スーパー耐性菌」が含まれており、感染すれば有効な治療薬がないとする内容のリポートが発表され、注目を集めている。スウェーデン・ヨーテボリ大研究センターのヨアキム・ラーション主任の研究チームがまとめ、国際科学誌「マイクロバイオーム」に発表したものだ。香港メディアによると、研究チームは耐性菌と関連のある遺伝子を捜すため、ヒト、動

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
都市部の気温、2100年までに8度上昇の恐れ 研究
人の知能を発達させる役割を担う52の遺伝子が特定される。研究が進むと起こりうるであろうこととは?(国際研究)(国際研究)
6割は手術ができない“肺がん” 副作用少ない新薬で新たな光
不妊治療で超高齢出産続出、誰がための幸福か
冷戦時代の核実験、宇宙気象に影響を及ぼしていたことが判明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加