DISH北村匠海「個性と無個性」歌手と役者を語る

DISH北村匠海「個性と無個性」歌手と役者を語る

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/11
No image

ドラマ主題歌の取材会を開いた「DISH//」の北村匠海=大阪市北区(撮影・村上久美子)

フジ系ドラマ「僕たちがやりました」(火曜午後9時)の主題歌を歌うダンスロックバンド「DISH//」のボーカルで俳優の北村匠海(19)が11日、大阪市内で会見。歌手業と役者業の両立について「個性と無個性。どちらが欠けても自分はない」と表現した。

北村は「もともとの僕は根暗」だといい「DISHではメンバーが僕のポジティブな面を引き出してくれる」とし、歌手業では「個性」を発揮。役者は「役柄に寄り添うことが大事だと思っていて、なんなら『あれ北村匠海いた?』ぐらいに個性を消さないといけない。無個性ですね」と、自身の中での演じ分けを説明した。

映画「君の膵臓をたべたい」では、主人公の「僕」を演じるなど、役者としても話題作に出演。歌と芝居、どちらが自分の素に近いのかを聞くと「うーん…」。もともと明るい性格ではなかったため「DISHの僕は、中学時代を知ってる人間からは『ものすごい違う』『生気がある』とか言われますね」と笑った。

今回の主題歌は、ドラマ主演の窪田正孝(29)ら役者陣とのユニットで歌っており、「OKAMOTO’S」のオカモトショウが作詞作曲。楽曲には「自分たちの作ってる曲と違うかっこよさ。荒削りな、がむしゃらさを引き出してくれた」と、新たな魅力がアピールできているという。

役者陣の中には、不良グループのリーダーを演じている新田真剣佑(20)もおり、彼とは「仰げば尊し」で共演以来、親交が深い。北村は「真剣佑はよく、動画で主題歌歌ってくれてますね。真剣佑は、なぜか120%テレビ電話でかけてきてくるんですけど、街中で歩きながら歌ってきます」と話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ババア早く消せ」いとうまい子、Kis-My-Ft2・千賀の写真をインスタ掲載で批判殺到
ピース綾部、報じられない深刻な現状
「彼女ができたと父親に伝えたら...衝撃の事実を知った」というお話」
上原多香子の“衝撃スキャンダル”で「想定外の収入」を得た人たちとは
もやし一本残すな!有吉ゼミの無茶な「大食い企画」に批判の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加