楽しみながらワインを勉強したい人におすすめ!ワインショップのセミナーやイベントへ参加してみよう

楽しみながらワインを勉強したい人におすすめ!ワインショップのセミナーやイベントへ参加してみよう

  • @DIME
  • 更新日:2019/09/12
No image

ワインは好きだけれど、味の違いがイマイチよく分からない。もっと自分の好みを知りたい……。ワインに詳しくなりたいと思った時に、ワインスクールに通って学ぶことが真っ先に選択肢に浮かぶ人もいるだろうが、実はそんなことはない。ワインスクールは敷居が高いと思われるが、ワインショップではもっと気軽に、楽しみながらワインを学ぶ方法があるのでご紹介したい。

ワインショップ併設のバーに行く

よくワインショップの店頭で、無料試飲をしている光景を見かけることがあると思うが、よく見るとワインショップにミニバーが併設されているところもある。このミニバーは、店舗が小さいところはスタンディング形式、店舗が大きければカウンターや、独立したカフェのように、椅子に座ってゆっくりと楽しむことができる。

有料ではあるが、1杯500円程度から気軽に飲めて、仕事帰りにも寄りやすいのが特徴だ。

この場合は、ただ飲むだけでなく、商品説明を見てそのワインの特徴をしっかり捉えていくと勉強になる。店員さんに「これはどんな特徴がありますか?」、「この香りは何と言えば良いですか?」など、気になったことを尋ねれば、喜んで教えてくれるだろう。

一杯に集中して飲んでいくことで、少しずつ知識も増えていくはずだ。

また、ショップによっては週末限定や〇〇限定などと謳って、スペシャルワインを提供することもある。普通に買えば1本ウン万円する手が出せないようなワインも、テイスティングなら1杯数千円で楽しめるのも魅力的だ。

No image

このように身近なワインショップで、1杯ずつ楽しみながら知識を付けていく方法はとても手軽で便利だ。

ワインショップ主催のセミナーへ参加する

ショップによっては、ソムリエ資格を持ったスタッフなどが主導でセミナーを開催することがある。単発のものもあれば、一か月に一回ずつ、数回に分けて開催される場合もある。これらはショップ毎に開催の有無が異なり、また必ずしも常時開催されている訳ではないが、セミナーを見つけたら参加してみるのも良いだろう。

バーで1杯ずつ楽しむこととは違い、ワインスクールのように、数種類のワインを比較試飲しながら体系的に学べる。ショップで開催するセミナーは基本的に初心者向けが多いので、もし自宅近く、職場近くでセミナーを開催していたら参加してみて欲しい。

ワインショップ主催の生産者来日イベント

最後にお勧めしたいのが、各ワインショップが主催している生産者来日イベントだ。こういったイベントでは、ワインの生産者がフランスやイタリア、チリなどから海を越えて日本にやって来てくれる。そして、その生産者が作っているラインナップを、スパークリングワイン、白ワイン、赤ワインとまんべんなくテイスティングできるものが多い。グラステイスティングだけのものもあれば、ワインショップがレストランとコラボして、ランチまたはディナーイベントとして開催されることもある。

予算の目安だが、グラステイスティングの場合は3000円~5000円程度、ランチやディナーイベントは5000円~と、イベントや店舗によって異なる。

生産者来日イベントをお勧めする3つのポイント

1.ワインの味わいに関する知識を習得するだけでなく、そのワイナリーが生まれた歴史や、どんなこだわりを持ってワイン作りをしているのか、そのワイナリーにしかないストーリーを聞くことが出来るのが一番の魅力だ。実際に生産者が熱く語る様子を見れば(基本的に通訳の方が帯同している)、目の前のワインに対する理解が深まり、さらに美味しく感じるものだ。

No image

2.一緒にイベントに参加しているほかのお客さんともフレンドリーに話せる雰囲気がある。一人で参加したとしても、隣になった人と気軽に話せて、和やかな雰囲気になることも魅力的だ。お酒も入ることで、最初は緊張していた参加者たちも、会の終わりになればリラックスして非常に和やか、時に和気あいあいとした雰囲気となる。同じワイン好きという趣味があるので、それを機に知り合いになれることもあるだろう。ワイン仲間が増えるということも、楽しみの一つだ。

3.ランチ・ディナーイベントの場合は、ワインと料理のペアリングも学べることが非常に勉強になる。この場合も、大体はスパークリングワイン、白ワイン、赤ワインと様々なワインが提供されることが多い。生産者からワインの説明を受け、更に「このワインの〇〇の香りが、料理の〇〇とマッチしている」、など料理とワインのマリアージュを楽しめることが最大の楽しみだ。そこで得た知識は、自宅でも取り入れられることが出来るだろう。

食事付のイベントの方が値段は高くなってしまうが、ワインの知識も増え、生産者の思いを知り、普段の外食とは違った特別な一日となることだろう。

No image

もしイベントで生産者のワインが気に入ったら、購入することもできる。その時購入したワインを後日開けることも、楽しみの一つとなるだろう。

このように、ワインショップはただワインを購入する場だけでなく、楽しみながら知識を付けていくこともできる。

きちんと座学で、毎週決められた時間にしっかりと勉強していきたいというような場合はワインスクールの方がお勧めだが、「どんな味わいが好きなのか、自分の好みを知りたい」、「有名なワインも手頃な価格で体験してみたい」など、ワインにもう少し詳しくなりたいと思った時に、気軽にワインショップを活用することから始めてみるのはいかがだろうか。

最後に、デートでの使い方もご紹介したい。お互いにワインが好きであれば、食事の前にカフェでお茶をするよりも、ワインショップで1杯飲んで喉を潤して、胃を活性化させてからレストランへ行くという楽しみもお勧めしたい。

これはフランスやイタリアでも楽しまれている「食前酒」に当たるもので、夕食の前に軽くお酒とおつまみを楽しむ習慣である。

粋な使い方をエスコートしてくれる男性も、カッコイイはずだ。

(参考)店舗数が多いワインショップ
ワインショップエノテカ
ヴィノスやまざき

両方とも、店舗情報にワインバーの有無が記載されている。イベント情報からは、各店舗でどんなイベントが開催されているかも分かるので、参考にして欲しい。

※本記事でご紹介した内容は、ワインショップによりコンセプトや開催方法、料金が異なりますので、ご利用の際はご確認いただきますようお願い致します。

文/Mami
(一社)日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート、仏検準一級
ワイン販売員時代、年間のワインテイスティングは約500種類。ボルドーのシャトー巡りやスペインのサン・セバスティアンでのバル巡りなど、ワインと食に関する自己研磨に励んでいる。
https://ameblo.jp/m-cerisier-rose/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
おトクにゆっくり外飲みのチャンス!なにわ味 贔屓屋にて「秋の夜長贔屓フェア」開催決定
出会えたらラッキー!? コストコ「塩パン」の味とおいしい食べ方
慎吾サンタ、ファミマのケーキをプロデュース「10ホール食べちゃうぞ」
CHUMSのホットサンドクッカー×ランチパック・肉まんが時短かつ美味で最強だったという話│マイ定番スタイル
子どもと一緒にかくれんぼ。あれ?こんなに難しい遊びだった...?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加