実は現役慶應大生!「マツコの知らない世界」で話題なチョコミント大学生の素顔に迫る

実は現役慶應大生!「マツコの知らない世界」で話題なチョコミント大学生の素顔に迫る

  • アメーバニュース
  • 更新日:2018/04/17
No image

アメブロの中でも、特技や大好きなことをブログで発信している人にフォーカスを当てた独占インタビュー企画。第3回目は「チョコミントに恋した大学生」うしくろこと、牛窪真太郎さんに話を聞きました。テレビ番組出演をきっかけに、注目を集める彼がチョコミントを好きになったきっかけからオススメのチョコミントまで直撃取材!

◆番組出演後、たった1日で4000人近くフォロワー増

人気番組TBS系「マツコの知らない世界」に、彗星の如く現れたチョコミント大学生・牛窪真太郎さん、通称うしくろ。これでもかというほどのチョコミント愛、そしてちょっぴり個性的なキャラクターで番組終了後も話題となり、今ではあらゆる飲食店や雑貨店でチョコミントの商品をプロデュースするまでに。インタビュー当日のこの日も、パーカにリュック、そしてなんとスマホケースまでもがすべてミント色という恐るべき"チョコミントホリック"。そこまで彼を夢中にさせるチョコミントの魅力とは……?

ー「マツコの知らない世界」に出演してから反響はどうですか?

うしくろ:SNSのフォロワーさんがぐんっと増えましたね。特にツイッターの反応が良くて、一晩で3000〜4000人くらいは増えたと思います。番組に出る前は、ただSNSに好きなチョコミントを載せているだけだったんですけど、出演以降は商品開発のお話やチョコミント記事の執筆だったりと、お仕事のお話をいただけるようになりました。すべて「マツコの知らない世界」がきっかけです。

ー実際にマツコさんにお会いしてどうでした?

うしくろ:出演前に裏で待っていたら、マツコさんとディレクターさんが「チョコミント嫌い」と話していたので、最初はすごく緊張しました。でも、いざ隣に座ってお話ししてみたらとても優しい方で、最後には「チョコミントアイス買ってみるよ」と言ってくれて嬉しかったですね。実は、あの時提案したお菓子以外の料理は普段作っていなくて。あれはマツコさんのために特別に作ったものなんです。卵焼きやパスタ以外にも、カレーとグラタンなんかも候補に入っていましたね。マツコさんにも不評でしたけど、卵焼きは本当に美味しくなかった(笑)。

◆千葉雄大にも自家製チョコミントチーズケーキをプレゼント

ーそこまでチョコミントに夢中になったきっかけはなんだったのですか?

うしくろ:はっきりとした"きっかけ"というのはないですが、もともとはお母さんがチョコミントアイス好きで。幼稚園の時に「31アイスクリーム」のチョコミントを食べさせてもらったのが初めてだったと思います。それで「美味しい!」って思って、それからアイスに限らずいろんなチョコミントのお菓子を食べるようになったんです。

ーどのくらい食べているのでしょうか?

うしくろ:ツイッターやインスタグラムで随時チョコミントの情報はチェックして、新商品が出るたびに買いに行きます。SNS用に写真も撮りたいので、一気に3個くらい買うんです。それで、その中でも美味しかったものはさらに買い足したり。だから、冷蔵庫や引き出しにはチョコミントのストックがたくさんあります。

ーたくさん種類があるんですね。今まで食べた中で印象に残っているものは?

うしくろ:番組でも紹介させていただいた「チョコミント蒸しケーキ」は衝撃でした。蒸しケーキなのにスーッとする感覚が不思議で、冷やして食べるとすごく美味しいです。あとは、やっぱり「31アイスクリーム」のチョコミントは安定の美味しさですね。あ、でもこの間、ディズニーランドに行って食べたチョコミントアイスも美味しかったです。レギュラーメニューになったみたいなので、是非試してみてほしいです!

ーご自身でもチョコミントスイーツを手作りされているんですよね?

うしくろ:そうですね。なかでもクッキーは材料も少ないですし、割と簡単に作れるのでオススメです。僕は焼き菓子の場合は、ミントオイル(ハッカ油)をよく使います。あとはより見た目のミント感を出すために着色料も大事な要素ですね。それと、一番のお気に入りは「チョコミントチーズケーキ」。実は、千葉雄大さんが「おしゃれイズム」に出演された際に作ってサプライズとして持って行きました。千葉さんが「マツコの知らない世界」を観てくださっていたみたいで、食べたいと言ってくれて。いつかチョコミントチーズケーキはレシピから考案して、商品化なんてことができたら嬉しいですね。

◆高校生の頃から周りではチョコミントマニアとして有名だった

ーいつ頃からチョコミント情報を発信しようと思ったのですか?

うしくろ:高校2年生からです。最初は友達と繋がるために始めたインスタグラムだったのですが、「これチョコミントだけの写真で埋めたらおもしろいかな?」という気がして、それがきっかけでチョコミントだけのアカウントをスタートしました。

ー高校、大学とともに慶應に通われているとのことですがが、高校生活はいかがでしたか?

うしくろ:慶應義塾高校を受けた理由は塾の先生に勧められて受けたら、本当にたまたま合格することができました。全然頭が良かったとかではないんですけど……(苦笑)。男子校だったのですが、みんないい子で「お前今日もチョコミント食ってるな〜!」なんて声をかけてくれたり、系列の女子高の友達にも誕生日にチョコミントのお菓子をもらったりと、楽しく過ごすことができました。

ー将来的にもチョコミントに関わっていきたい?

うしくろ:チョコミントでここまでやってくることができたので、何かに活かすことができればいいなと思っています。あとはチョコミントに限らず、商品開発はやってみたい。手作りのチョコミントスイーツをアップすると、「カフェを開いてください」というコメントをいただくことも多いので、いつかはいろんなスイーツやフードを作って実現したいな〜と。

ーチョコミント以外に何かやりたいことはありますか?

うしくろ:たくさん旅行をしてみたいです。あ、でもこれも結局チョコミント目的かも(笑)。今年の夏休みは友達と韓国に行こうって話をしています。韓国に「ミントハイム」っていうチョコミントのカフェがあるんです。あとは、チョコミントつながりでいくと大阪にも行ってみたいです。「ヒステリックジャム」っていうクレープ屋さんが気になっていて。チョコミントのクレープだけでもかなり種類があるんですよ!

◆実はうしくろさんだけでなく、家族全員がチョコミント好き

ーこういったチョコミントの活動をご家族も応援してくれている?

うしくろ:家族全員がチョコミント好きなので、みんなすごく協力してくれます。新商品が出たらみんなで食べることも多いですし、自作で作ったお菓子も食べてくれたり。あとは、スケジュールの管理を全部自分でしなければいけないので、大変な時は相談に乗ってもらったりしています。特にお母さんはお菓子作りが好きなので「こうした方が良い」とか「綺麗に切ってあげようか?」とアドバイスしてくれることも多いです。

ーブログを始めて約2ヶ月。今後ブログで試してみたいことはありますか?

うしくろ:ブログだと、レシピがとても書きやすいことに気付きました。他のSNSだと写真や文字の制限があって、なかなか見やすいレシピを書くのが難しかったので今後はブログでたくさんレシピを書いていきたいです。

ー最後に読者の方にメッセージをお願いします!

うしくろ:今年はチョコミントが流行ってから「初めての夏」……。2018年はさまざまな新商品がたくさん発売されると思うので、みんなで一緒にチョコミントを楽しんでいけたら嬉しいです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
萬田久子、パートナーから“隠し子”の存在明かされ...「自分が最後だと思っていた」
浜田ブリトニー、常識外れの「出産後写真」に批判 応援の声が“炎上”になる日も近い?
貴闘力 ラクナ梗塞で「余命8年」の診断 「生きていてもしょうがない」
若槻千夏、うっかりで自宅バレる!
高木美保がハラスメント被害を告白!名前が浮上した大物タレントとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加