ベストイレブンにJ1制した川崎Fから最多4選手!! 初受賞は7選手とフレッシュな顔触れに

ベストイレブンにJ1制した川崎Fから最多4選手!! 初受賞は7選手とフレッシュな顔触れに

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/12/05
No image

Jリーグは5日、横浜アリーナで「2017 Jリーグアウォーズ」を開催し、2017シーズンのベストイレブンを発表した。クラブ史上初となるJ1リーグ制覇を成し遂げた川崎フロンターレから最多となる4人が選出され、FW小林悠、MF中村憲剛、初受賞となるDFエウシーニョとDF車屋紳太郎が名を連ねた。

最終節で川崎Fに逆転優勝を許した鹿島アントラーズからはDF昌子源とDF西大伍、3位のセレッソ大阪からはFW杉本健勇とMF山口蛍が選ばれた。西と杉本は初受賞となった。そのほか、浦和レッズFW興梠慎三ガンバ大阪MF井手口陽介柏レイソルGK中村航輔が初のベストイレブン入りを果たした。

ベストイレブンの候補となる「優秀選手賞」の33人は、J1の18クラブの監督および選手(17試合以上出場が資格条件)の投票結果をもとに各ポジションの投票数の上位選手からチェアマンが選出。ベストイレブンは「優秀選手賞」の中から活躍が顕著だった選手11名を選考委員会で決定。投票はJ1リーグ第33節終了時点で行われている。

< ベストイレブン >(数字は受賞回数)

GK中村航輔(柏)初

DF昌子源(鹿島)2

DF西大伍(鹿島)初

DFエウシーニョ(川崎F)初

DF車屋紳太郎(川崎F)初

MF中村憲剛(川崎F)7

MF井手口陽介(G大阪)初

MF山口蛍(C大阪)2

FW興梠慎三(浦和)初

FW小林悠(川崎F)2

FW杉本健勇(C大阪)初

(取材・文 折戸岳彦)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
守りに守った関西大が歓喜のベスト8!“アクシデント続発”の明治大はパワープレー実らず
全日本大学サッカー 福大3大会ぶり8強 GK永石 神の手
常葉大浜松を率いる澤登正朗監督、全国の舞台で“堅守”に手応え掴む
車屋紳太郎2失点に絡み韓国は「レベルが高かった」
長谷川健太に再建を託すFC東京。16歳・久保建英はどう使われるのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加