川崎Fが3発快勝、清水は12敗目/清-川26節

川崎Fが3発快勝、清水は12敗目/清-川26節

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/16
No image

清水対川崎F 前半、川崎F・FW小林(左から3人目)が得点し、アシストしたDF車屋(左から2人目)と抱き合って喜ぶ(撮影・滝沢徹郎)

<明治安田生命J1:清水0-3川崎F>◇第26節◇16日◇アイスタ

アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝で敗退した川崎フロンターレが、快勝した。

アウェーの川崎Fが先制した。前半14分、MF中村のFKにDF谷口が頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。さらに同25分には、最終ラインの谷口が清水の守備の隙を突いて左サイド前線へパス。DF車屋が抜け出してクロスを入れ、最後はFW小林が冷静に決めて追加点を奪った。

一方の清水エスパルスは同33分、MF白崎の左CKからFW長谷川がダイレクトボレーでシュートを放ったが、ミートしなかった。前半は川崎Fが2点リードし折り返した。

後半開始から、清水はDF村松に代えてMF清水を投入。同31分には、FKからチアゴ・アウベスが強烈な枠内シュートを放ったが、川崎FのGKチョン・ソンリョンが好セーブ。さらに川崎Fは同34分、途中出場のFW森本が豪快なミドルシュートを決めてダメ押しの3点目を奪った。

清水は完封負けで、今季12敗目を喫した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
鄭大世 天皇杯の川崎F戦で実戦復帰へ!指揮官が起用を明言
【AFC U-16女子選手権タイ2017 北朝鮮戦 ハイライト動画】リトルなでしこ、北朝鮮相手に見事な逆転勝利でグループステージ全勝首位通過!準決勝の相手は韓国
室屋 チーム全体練習に合流!23日アウェー柏戦で復帰も
浦和ラファ 肉離れで全治2週間...鹿島との天皇杯4回戦欠場へ
【鹿島の深層|石井正忠×岩政大樹#2】舌を巻いたオリヴェイラの見極め。「優勝争いのポイント」を知っていた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加