北朝鮮の兵士亡命 銃撃受け肩など負傷 ヘリで搬送

北朝鮮の兵士亡命 銃撃受け肩など負傷 ヘリで搬送

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/11/13
No image

動画を見る(元記事へ)

南北軍事境界線で北朝鮮の兵士が13日、韓国に亡命しました。亡命の際に兵士は銃撃されていました。

韓国軍関係者によりますと、南北軍事境界線の板門店(パンムンジョム)で数発の銃声が聞こえた後、韓国軍が午後3時31分に北朝鮮の兵士を発見しました。兵士は北朝鮮軍から銃撃を受けて倒れている状態で、韓国軍の兵士数人が伏せた状態で韓国側の建物近くまで連れてきたということです。兵士は肩とひじなどにけがをして、ヘリコプターで救急搬送されました。北朝鮮軍と韓国軍の銃撃戦はなかったということです。韓国政府は、脱北や銃撃の経緯について調べるとともに北朝鮮の新たな軍事的挑発に警戒を強めています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「親切過ぎる!」福岡を訪れた韓国人が日本人のある行動にびっくり
地震発生の韓国、学生たちがパニックに陥る中である日本人教授の取った行動が「かっこいい」と話題に
北沈黙60日、金正恩氏に「健康危機」も?―米華字メディア
なぜ韓国人が喜んで日本観光へ行きたがるのかが理解できない=韓国メディア
安倍首相考案の「戦略」を米国がパクっても河野外相が歓迎した訳
  • このエントリーをはてなブックマークに追加