ひふみん、テレビ収録で復帰 2日に胆石性急性胆のう炎の手術

ひふみん、テレビ収録で復帰 2日に胆石性急性胆のう炎の手術

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/11/11

胆石性急性胆のう炎と診断され、2日に手術を受けた将棋の加藤一二三(ひふみ)九段(77)が11日、東京都内で行われたテレビ収録で復帰した。所属事務所によると、術後の経過は良好で、通院を続けながら収録に参加し、少しずつ体を慣らしていくという。

加藤九段は1日から痛みを訴え、2日に東京都内の病院で診察を受けたところ、胆のう管が胆石でふさがれて腹部の痛みや吐き気などが生じる同病名と診断された。医師から「出来る限り早い段階での手術が必要」といわれ、同日に手術を受けて無事に成功していた。

No image

胆石性急性胆のう炎で入院していた加藤一二三九段がテレビ収録で仕事復帰

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
瑛太ベッドシーン裏側明かす「若手は本当にしてる」
深田恭子35歳「悩殺インスタ投稿」が大反響
名倉潤が持論「AV業界はユーザーを育てすぎた」
浜崎あゆみ、胸元ざっくりセクシーショット「見惚れる」「さすがの色気」と反響
『アメトーーク!』人気企画「読書芸人」にオードリー若林が出ていないと話題に / 出演辞退した理由が正直すぎるぅ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加