最新ランキングをチェックしよう
こんな扱いって......江戸時代の性同一性障害

こんな扱いって......江戸時代の性同一性障害

  • BEST T!MES
  • 更新日:2017/11/24

イラスト/フォトライブラリー

『江戸の性事情』(ベスト新書)が好評を博す、永井義男氏による寄稿。

 麹町十三丁目の蕎麦屋で下男奉公をしている吉五郎は年齢は二十七、八歳で、丸顔で、体は大柄だった。
 頭は月代をそり、背中には金太郎の彫物をしていた。背中どころか、手足の甲にまで彫物をしており、所々に朱を差しているため、青と紅のまじった図柄はすさまじい迫力があった。
 この吉五郎はどういうわけか、夏

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
【裏ワザ】警視庁がツイートした「災害時に使える節水方法」がマジ凄い! ペットボトルで超簡単にできてアウトドアでもこれで1発蛇口確保!!
全身がんを明かした高須院長に密着......『直撃!シンソウ坂上』
慰安婦財団解散:日本から断交の必要はないが、我慢の限界あり
【カラオケ】DAMが「平成でもっとも歌われた楽曲」を発表 → 3位『残酷な天使のテーゼ』2位『小さな恋のうた』1位はなんと......!
「銃で撃たれたことがある人に質問...映画が教えてくれないことは何ですか?」体験談いろいろ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加