東京為替:ドルはやや下げ渋り、アジア市場で115円到達の可能性残る

東京為替:ドルはやや下げ渋り、アジア市場で115円到達の可能性残る

  • FISCO
  • 更新日:2016/12/01
No image

株式会社フィスコ

ドル・円は、114円40銭近辺で推移。原油価格の大幅反発と米長期金利の上昇を意識してドルは下げ渋り。一時114円83銭まで買われており、アジア市場で115円台に到達する可能性は残されている。ここまでのドル・円の取引レンジは114円30銭から114円83銭。
・ユーロ・円は下げ渋り、121円08銭から121円56銭で推移
・ユーロ・ドルはもみあい、1.0586ドルから1.0601ドルで推移

■今後のポイント
・113円台後半で個人勢のドル買い興味残る
・115円台で輸出企業などのドル売り予約はさらに増えるとの見方

・NY原油先物(時間外取引):高値49.42ドル 安値48.98ドル 直近値49.15ドル

<MK>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
ユニクロに1年潜入取材してみた!
シトロエンの超個性派SUV『C4カクタス』が日本上陸
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
「在宅勤務はちょっと時期尚早...」などとお考えの日本企業の皆様へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加