SNSで出会った男からの壮絶DVで脳内出血や流産も 被害女性の告白

SNSで出会った男からの壮絶DVで脳内出血や流産も 被害女性の告白

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/01/25
No image

(deeepblue/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

インターネットで知り合った男と意気投合し、あっという間に男女の仲になった女性。しかし、彼女を待っていたのは男による壮絶な暴力。大けがを負った女性は、お腹の赤ちゃんを失ってしまった。

■ネットで出会った男

米国・ニュージャージー州で暮らすある女性(24)は、2018年にFacebookで知り合った男と瞬く間に親しくなった。

メッセージをやり取りするようになり「なんて良い人なのかしら」と心引かれた女性は、人を笑わせるのがうまく、優しくもあった男と交際を開始。「この人なら間違いない」と確信し、男女の仲になったあと、家族にも男を紹介する。

関連記事:とろサーモン久保田、女性が暴行受ける現場に遭遇 “冷静な対応”に称賛

■凄まじい暴行

しかし、交際開始からしばらくすると「あいつは昔から女をよく殴っていた」と良くない噂が女性の耳に入るように。実際に男はすぐにキレるようになり、付き合いが始まり1年が経過するころには凄まじい暴力が始まった。

ある時、男は女性の頭を車のドアに叩きつけ、すでに妊娠していた女性の腹を思い切り殴る凶行に。額が裂け大出血するほど激しいパンチを顔面に受け脳内まで出血した女性は、後に暴行が原因で流産したと明かしている。

■起訴された男

女性が勇気を出して通報した結果、男は暴行容疑で起訴され、女性との関係は完全に破綻した。

ひどい被害を受けるまで男と一緒にいた理由につき女性は「変わってくれると信じていた」と海外メディアに告白したが、男は変わるどころか他の女性と連絡を取り合うなどしており、浮気していた可能性すらあるようだ。

■女性の願い

恐ろしい経験を経るも、死なずに済んだ女性は、激しい暴行を受けた際に撮られた監視カメラの映像を公開。恋人による暴力に苦しんでいる人には「どうか勇気を出して被害を明かし、助けを求めてほしい」と訴えている。

ちなみにDVの被害者は女性が多いとされるが、男性側の被害も確かにある。昨年は同じくアメリカの女性が恋人と喧嘩になり、出血するまで恋人の睾丸をしぼりあげて逮捕される事件も起きた。

男性、女性のどちらであっても、被害を受けた場合は速やかに通報し助けを得てほしい。

・合わせて読みたい→元恋人からの電話が仇に 嫉妬に狂ったDV夫が妻を踏みつけ殺害

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
彼女に惚れ直した!「デート中のハプニング」での“神対応”3選【実録】
男子が本当にキュンとする10の言葉
マッチングアプリで付き合ったけど... 彼の“違和感”に「昔のトラウマ」がよみがえる
初デートでお泊まりしても、何もしてこなかった男。女を本命視している証なのか?
様子がおかしい夫のLINEを覗いたら... まさかの画面に「何かが壊れた」と絶句
  • このエントリーをはてなブックマークに追加