【格安スマホまとめ】iPhone X/8発表で既存モデルも値下げ、ZenFone 4が国内発表!

【格安スマホまとめ】iPhone X/8発表で既存モデルも値下げ、ZenFone 4が国内発表!

  • ASCII.jp
  • 更新日:2017/09/17

今回は070/080/090番号による音声通話付きSIMの主要サービスについて、料金表でまとめている。先週の格安スマホ、格安SIMの話題も、やっぱりiPhone。iPhone X/iPhone 8の発表に合わせて、既存モデルの値下げが行なわれている。また、ZenFone 4が国内で正式発表。早くも今週発売される。

No image

iPhone X/iPhone 8が発表されたが、コスパ志向なら値下げされたiPhone 7やiPhone SEという選択肢も考えられる

iPhone 8/iPhone Xが発表、SIMフリー版も予約可能に 既存iPhoneは5000~1万1000円値下げ

iPhone 8とiPhone Xが発表されて、Apple StoreでのSIMフリー版の価格も公表されている。iPhone 8/iPhone 8 Plusは、iPhone 7/iPhone 7 Plusの延長線上にある製品だが、デザインが変更。ガラス素材を用いた背面を始め、印象は大きく異なっている。iPhone 6/iPhone 6sからの買い換えならば進化点は多数あるので、ちょうどいいタイミングかもしれない。すでに予約受付が開始され、22日の発売。

No image

外観の印象は随分変わったiPhone 8/iPhone 8 Plus

つづいてiPhone Xは、前面がほぼディスプレーで、ホームボタンや指紋センサーが無くなり、顔認証のFace IDが採用されるなど、新しい世代に入ったことを印象付けている。一方、64GBモデルでも税抜11万2800円と高価。こちらはキャリアの各種割引施策などを活用するのも手だろう。予約開始は10月27日で、発売は11月3日。

iPhone 8/iPhone Xの発表に合わせて、既存モデルの価格が改定されている。以下の表からもわかるように、iPhone SEは5000円、それ以外は1万1000円の値下げとなっている。特にiPhone 7は防水やFeliCaに対応しているなど、iPhone 8との機能差は比較的小さいので、選択肢に入りそう。また、従来はなかった32GBモデル+ジェットブラックの組み合わせも注文可能になっている(代わりにPRODUCT REDは消えている)。

SIMフリースマホの大物「ZenFone 4」も国内登場 早くも今週末に発売だ!

先週はSIMフリースマホの大物がもうひとつ登場。海外でも8月に発表されたばかりの「ZenFone 4」が早くも国内で正式リリースされた。登場したのはメインモデルの「ZenFone 4」のほか、上位モデルの「ZenFone 4 Pro」、そしてセルフィー重視の「ZenFone 4 Selfie Pro」の3機種。ZenFone 4 Proを除き、今週土曜の23日に発売される(ZenFone 4 Proは10月下旬以降を予定)。

No image

ZenFone 4

3モデルの詳しいスペックについては別記事を参照いただきたいが、ZenFone 4も日本には高性能版が導入されている。ディスプレーは5.5型フルHD液晶で、CPUはオクタコアのSnapdragon 660(2.2GHz)、6GBメモリー、64GBストレージなど、ハイエンドに近い性能を持つ。背面のカメラはデュアルで標準+広角の組み合わせ。税抜5万6800円の価格も納得の内容。

ZenFone 4 ProはCPUがSnapdragon 835、ディスプレーも5.5型有機EL(フルHD)に。6GBメモリー、128GBストレージで、カメラは標準+望遠の組み合わせ。インの8メガカメラを含めて、すべてソニー製センサーを搭載する。価格は税抜8万9800円。

No image

ZenFone 4 Pro

ZenFone 4 Selfie Proは製品名どおりのセルフィー特化モデル。こちらはインにソニー製の12メガセンサーを採用し、広角の5メガと組み合わせたデュアルカメラ。その他のスペックも5.5型有機EL、Snapdragon 625、4GBメモリー、64GBストレージと十分に高く、価格は税抜4万2800円。

スマホゲームがカウントフリーのLinksMateに1GBプラン 通信速度が2Mbpsながら、税抜月500円

年内無料のカウントフリーオプションにより、スマホ用ゲームやAbemaTV、Twitterなどの通信量がカウントされないことで話題の新サービス「LinksMate」。このLinksMateが、月1GBの通信量ながら、税抜月500円という安価な新プランを追加した(SMS付きのデータSIM、音声SIMはプラス税抜月600円)。

No image

この1GBプランでは、高速通信時も速度が上下とも最大2Mbpsに制限されるほか、ゲームの特典などに差はあるものの、カウントフリーオプションが年内無料なのは同じ。ゲーム用に1枚持っておきたくなる料金だ。

人気の音声通話付きSIMの料金表(税込) (データ専用SIMは前回分をクリック)

※1:12~13時、18~19時は最大300kbps※2:新規加入時は最大12ヵ月間、1080円割引
※3:518円/1GBの追加チャージのみ、購入当月のみの利用で繰り越し不可(他は3ヵ月後の末日まで利用可能)。繰り越し可能な1GBのチャージは1188円
※4:26ヵ月目以降は通信量は半分になる

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
iPhone SEをiPhone X風にフルスクリーンにしたら?コンセプト画像が公開
これまでの常識を覆す進化macOS High Sierraが登場
新型のプレミアムiPhone「iPhone X」発表
iPhone 8 Plusをバラバラ分解、背面のガラスパネルは一度割れると交換も困難
ウソみたいだろ!iPhone Xが「Galaxy S8」に性能で劣ると話題になる!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加