廃棄された列車内で生まれたマヌルネコの赤ちゃん。母親とはぐれた為人間の手による子育てが開始される(ロシア)

廃棄された列車内で生まれたマヌルネコの赤ちゃん。母親とはぐれた為人間の手による子育てが開始される(ロシア)

  • カラパイア
  • 更新日:2018/09/14
No image

マヌルネコの赤ちゃん、ダーシャちゃんがロシア、ザバイカル地方に設けられたダウルスキー自然保護区の草原でミャーミャー泣いているところを保護された。まだ生後1ヶ月にも満たなかった。

マヌルネコはふわふわした被毛と横に平べったい体が特徴的な、シャイで、ついでに少々勝気なところがある小さな猫だ。とても可愛らしいが、滅多なことでは気を許してくれない。

ダーシャちゃんは困っていた。

この子は自然保護区内にある廃棄された列車のなかで生まれた。

ところが、その列車の中に猫の親子がいるなど知りもしない作業員によって動かされてしまい、そのせいで母親が逃げてしまったのだ。

【他の記事を見る】野生のマヌルネコが現れた!うらやまけしからんマヌルネコの子どもたちを撮影した映像

ぼっちで生きのび、ようやく列車の外に出て鳴いていた子猫

ダーシャは何日か1匹で過ごした後、どうにか列車の外に出て鳴き声をあげた。

自然保護区のディレクターを務めるワディム・キリリュークさんは話す。

「おかげで子猫がいることに気がつきました。保護したはいいものの、この子にどうやって食べ物を食べさせればいいか分かりませんでした。」

「そこでモスクワ動物園の専門家からアドバイスをもらって、注射器で食べ物と水を与えました。脱水症状にならないよう無理やり飲ませましたよ。ちっちゃくって弱々しいから心配しました」

No image

image credit:siberiantimes/Vadim Kirilyuk

はじめてのマヌルネコの子育てにてんやわんや

スタッフはダーシャちゃんの母親代わりとなった。

食事をさせた後にお腹をさすったり、ダンボールと古い毛皮の帽子でこしらえた寝床で眠るまで背中をなでたりと、懸命に面倒を見た。

その甲斐あってダーシャちゃんは元気を取り戻し、子猫らしい好奇心も見せるようになった。

No image

image credit:siberiantimes/Vadim Kirilyuk

No image

image credit:siberiantimes/Vadim Kirilyuk

瞳の色が青から黄色へ変化

生後2ヶ月くらいで瞳の色が青から黄色に変わった。

No image

image credit:siberiantimes/Vadim Kirilyuk

生まれて45日から50日くらいだと、野生でもちょうど母猫が外に連れ出す時期だ。そこでスタッフは初めて表に出しててみた。

最初は怖がってすぐスタッフの方に駆け戻ってきたとという。

「でも人間に母親を真似るのは大変ですよ。野生で生きる術を教えなければならないのですから。でもあの子が野生で独りで生きていくために絶対必要なことです」とキリリュークさん

No image

image credit:siberiantimes/Vadim Kirilyuk

いつか野生に戻れるように

飼育チームが願っているのは、ダーシャちゃんを野生に還し、独り立ちできるようにすることだ。

だが、人間の手で育てられ、野生でのきちんとした訓練がないのだから、そう容易いことではない。

「3ヶ月になった頃、ダーシャを野生に還す予定です。もちろん、それからも監視は続けますがね。今の段階ではまだ独りで生きてく準備ができていません」

No image

image credit:siberiantimes/Vadim Kirilyuk

絶滅の危機に瀕しているマヌルネコ

マヌルネコはロシア国内ではザバイカル地域、ブリヤート共和国、トゥヴァ共和国、アルタイ山脈などに生息する。

しかし生息域の減少や狩猟が原因で、IUCNのレッドリストでは近危急種に定められている。

幸いにもダウルスキー自然保護区での個体数は、ここ2年間で100匹以上に増えたと伝えられている。

全体ではザバイカル地域に1万匹以上が生息していると推定されるが、人間の手で育てられたのはダーシャしかない。

No image

image credit:siberiantimes/Vadim Kirilyuk

マヌルネコは警戒心が強く、人間はもちろん、仲間のネコすらも避けて、通常は単独で暮らす。

短い爪と平らな顔を持ち、乾燥した山岳地帯にある洞穴や使われなくなった巣穴などに身を隠す。その被毛は、そうした環境に溶け込むカモフラージュの役割を果たしている。

ロシアではかつて、農家の納屋でマヌルネコの赤ちゃんが発見されたことがあり、イエネコだと思って育てたらマヌルネコでびっくり!という事案が発生している。

・おやおやフワフワな子猫ちゃん、と思って保護したらなんと!マヌル先輩だったでござる(ロシア) : カラパイア

ちなみに学名のオトコロブス・マヌール(Otocolobus manul)は、醜い耳という意味だ。そんな名前でもとても可愛らしいダーシャちゃんが無事野生に戻れることを祈ろう。

References:siberiantimes/ written by hiroching / edited by parumo

・あわせて読みたい→ふっさりワイルドなヤマネコ、マヌルネコの「だるまさんがころばない」【百面相画像追加】

動画・画像が表示されていないときはこちらから

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
キュン死確定!猛暑なのにムギュッと身を寄せ合う柴犬3兄弟が可愛すぎると話題に!
家族の帰りを待つ耳が聴こえない犬。しかし、家族がすでに部屋にいた事を知った犬の反応にキュン
各者一斉にスタート!?床の上をパタパタ滑りながら進む子犬たち
飼い主死亡で保健所収容、職員に2度も咬みついた柴犬の運命は...
ニンゲン!早く窓開けろ!! フクロウにロックオンされた猫のこっち見るな感がすごい

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加