最新ランキングをチェックしよう
廃棄された列車内で生まれたマヌルネコの赤ちゃん。母親とはぐれた為人間の手による子育てが開始される(ロシア)

廃棄された列車内で生まれたマヌルネコの赤ちゃん。母親とはぐれた為人間の手による子育てが開始される(ロシア)

  • カラパイア
  • 更新日:2018/09/14

マヌルネコの赤ちゃん、ダーシャちゃんがロシア、ザバイカル地方に設けられたダウルスキー自然保護区の草原でミャーミャー泣いているところを保護された。まだ生後1ヶ月にも満たなかった。
 マヌルネコはふわふわした被毛と横に平べったい体が特徴的な、シャイで、ついでに少々勝気なところがある小さな猫だ。とても可愛らしいが、滅多なことでは気を許してくれない。
 ダーシャちゃんは困っていた。
 この子は自然保護区内

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「猫が太ってきたので自動エサやり機を使ってみた...その結果がこれだよ」
テレ朝『モーニングショー』宇賀なつみアナ後任“三つどもえ”の戦い
国内の韓国資産全面凍結も。文大統領の宣戦布告で終焉の日韓関係
ウズベキスタン戦で日本代表での運命が決まるかもしれない4名
ビッグダディ娘・林下詩美が新人賞「家族に感謝」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加