わずか原子10個分の厚さしかない断熱材が開発される、電子機器の小型化に役立つ可能性

わずか原子10個分の厚さしかない断熱材が開発される、電子機器の小型化に役立つ可能性

  • GIGAZINE
  • 更新日:2019/08/24

by seagul
スマートフォンやPCなどの電子機器にとって熱は大敵であり、直射日光に照らされたり機器そのものが発熱したりすると、デバイスが強制終了してしまうこともあります。そのため、多くのデバイスには自身を冷却する機構が組み込まれていますが、その分だけデバイスが大きくなってしまいます。そこでスタンフォード大学の研究者らは、厚さがわずか原子10個分しかない超薄型の断熱材を開発しました。
Ultr

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加