北朝鮮に筒抜けだった韓国軍事情報...ハッキングされ流出、「斬首作戦」も

北朝鮮に筒抜けだった韓国軍事情報...ハッキングされ流出、「斬首作戦」も

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/10/12

韓国軍が北朝鮮からハッキング攻撃をかけられ、大量の情報が流出していた。きのう10日(2017年10月)に韓国国防省が明らかにしたが、詳しい内容は「軍事保安上話せない」としている。

韓国の国会議員によると、昨年(2016年)10月のことで、A4用紙で1500万ページ分。中には2015年に作られた有事の作戦計画があり、軍事機密に指定された295件もふくむという。金正恩委員長に対する斬首作戦にかかわる資料もあるそうだ。

司会の加藤浩次「北朝鮮のハッキング能力が韓国側の防御能力を上回っていたということですか」

海上自衛隊出身で笹川平和財団の小原凡司・上席研究員は「個人的スキルでも、中に入って見る程度の能力はある。100%完璧に防御することはできず、いかに早く回復できるかが問題だ。北朝鮮のハッキングがどのレベルだったかはわからないが、データが新しく作り直されたから、ダメージは大きくなかったのではないか」と語る。

米韓の連携にも影響?

ただ、米韓関係には暗雲だ。米国が韓国の情報保全能力に疑問符をつけると、十分な情報提供をできなくなり、その面で影響する可能性はある。

加藤「斬首作戦はこの前出てきたけど、2015年からあった?」

小原研究員「ありとあらゆる可能性を考える中にあったということです」

北朝鮮がどんな行動に出るか。18日(2017年10月)の中国共産党大会あたりが今、心配されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
フランス人が指摘した「日本人と中国人の見分け方」に、我々は赤面せざるを得ない=中国報道
韓国人が日本で初めて見た不思議な装置=韓国ネット「手動は初めて見た」「もし韓国製だったら...」
<コラム>中国人の衛生概念、日本人とどこが違うのか
米軍が北朝鮮を攻撃したらどうなるか 反撃の矢面に立つ日韓、軍事的な「守れる」の意味は?
【君の名は】中国の田舎に隕石落下 → 『君の名は。』とほぼ同日同時刻! 落ち方も酷似と話題 「誰か入れ替わってないか!?」「この事実に震えた」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加