<個別株動向>大成建、MARUWA、田淵電、DDS、NTN=7日後場

<個別株動向>大成建、MARUWA、田淵電、DDS、NTN=7日後場

  • モーニングスター
  • 更新日:2017/12/07
No image

大成建<1801>―17年度補正予算案による追加歳出を2.9兆円程度とする方向で調整に入ったと報じられ、建設需要に期待。150円高の6110円。

MARUWA<5344>―東海東京調査センターが投資判断「アウトパフォーム」に格上げ、目標株価も9000円(前回は5900円)に引き上げ。500円高の7310円。

田淵電<6624>―インドのタタ・パワー社と太陽光発電蓄電システム運用の実証試験プロジェクト推進について基本合意。一時80円ストップ高まで買われ、46円高の326円。

DDS<3782>―AI(人工知能)技術を用いた指紋検索エンジン開発できのうストップ高を演じたが、一転して利益確定売りに。23円安の596円。

NTN<6472>―野村証券が投資判断「ニュートラル」に格下げ、目標株価も600円(前回は700円)に引き下げ。11円安の525円。◎未確認情報などが含まれており、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。(イメージ写真提供:123RF)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
総務省の失敗を楽天が救う
37年間ありがとう! 三宮オーパで「閉店売り尽くしセール」
欧州産71品目のブランド保護=EPAで「ゴルゴンゾーラ」など-農水省
ソフトバンクを蝕む危機...有利子負債が15兆円に、削減計画が破綻
三越伊勢丹"退職金5000万円上乗せ"の理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加