このイベントが日本にもあればいいのに。見知らぬ誰かとプレゼントを贈りあう「シークレット・サンタ」(ニュージーランド)

このイベントが日本にもあればいいのに。見知らぬ誰かとプレゼントを贈りあう「シークレット・サンタ」(ニュージーランド)

  • カラパイア
  • 更新日:2017/12/07
No image

今年は12月3日からアドヴェントに入った。アドヴェントとは、待降節、降臨節などと訳され、西方のキリスト教会において、救い主の生誕を待つ期間である。

つまり、クリスマスを待ち望み、準備を楽しむ時季なのだ。

というわけでニュージーランドでは、クリスマスのとあるイベントに向けての準備に盛り上がっている。「シークレット・サンタ」だ。

このイベントに参加すると、あなたは秘密のサンタとなり、見知らぬ誰かにプレゼントを贈ることができる。そしてまた、見知らぬ誰かからプレゼントをもらうこともできるのだ。

クリスマス期間中は常に下を向き、コンビニでもなるべくクリスマス棚に近寄らず、誰からもプレゼントをもらえない地獄を続けてきた人にとってこのイベントはかなり胸が高鳴るものとなるかもしれない。って私のことかよ。

見知らぬ誰かにプレゼントを贈りあう「シークレット・サンタ」

「シークレット・サンタ」は、日本ではあまり聞かない。イベントそのものに馴染みがない人もいるだろう。これは、その名の通り、自分が誰かにとっての「秘密のサンタ」になるイベントなのだ。

主催者は、集まった参加者の名前を、くじ引き等でランダムに別の参加者に振り分ける。参加者は、自分が受け取った名前の人に贈るクリスマス・プレゼントを準備するのだ。用意したプレゼントは主催者のもとに集められ、改めて配られる。

単なるプレゼント交換と違うのは、参加者は、そのプレゼントを準備してくれたのが誰なのか、一切知らされない、という点である。

イベント中はもちろんのこと、イベントが終わってからも、サンタの秘密は守られなくてはならない。「君へのプレゼントは、実は僕が用意したんだ」などと口走ってはならないのだ。

つまり、参加者は、ランダムに決められた誰かへのプレゼントを用意し、クリスマスには、匿名のサンタからプレゼントをもらうことになる。

No image

一体誰の手に渡るのだろう?プレゼントを選ぶ楽しみが味わえる

ニュージーランドでは、2010年からこのイベントが開催されており、2013年からは郵便事業者のニュージーランド・ポストが主催者となっている。文字通り、国の端から端まで網羅したイベントだ。今年の参加者は3.623人だそうだ。

しかし、ここで問題がある。友達や同僚といったグループでやるならともかく、国の反対の端に住んでいる顔も知らない相手へのプレゼントなんて、どうやって選べばいいのだ?

それが楽しいのだ。プレゼントをもらう楽しみももちろんあるが、贈る相手のことを考えて準備することをも楽しむイベントなのだ。

プレゼントを贈る相手のヒントは与えられる

だがまったく情報がないとなると何を贈っていいかわからない。そこで参加者にはプレゼントを贈る相手についてのヒントが与えられる。

ツイッターだ。参加者は、贈る相手のツイッターのアカウントを知ることができる。そのつぶやきから、相手が喜ぶプレゼントについて思い巡らすのである。

更に主催者側はツイッター上でこのような質問をして、教えてもらったツイッターアカウントの参加者がどんなレスをしてくるのかを知らせることでプレゼントのヒントをつくっている。

No image

5) You have $1,000 a 24 hours to use it. You must spend it on yourself. How would you spend your day? #nzsecretsanta #2017question5
— NZ Secret Santa (@nzsecretsanta)
2017年11月22日
from Twitter

24時間で1,000ドルを使い切るとしたら、何をしますか?ただし、自分自身のために使わなくてはなりません。

ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相もこのシークレット・サンタに参加している。その立場上、彼女についての情報は溢れるほどにあるが、プレゼントを贈る相手としては、実は一番難しいのではないだろうか?

So you may have noticed I don't tweet especially often (I just lurk) but as a ridiculous lover of Christmas, I couldn't miss the chance to join the @nzsecretsanta movement. Registration ends tomorrow so feel free to join in my over the top Christmas cheer
— Jacinda Ardern (@jacindaardern)
2017年11月21日
from Twitter

私はあまり度々はツイートしませんが(隠れてるんです)、実は滑稽な位のクリスマスのファンだということに、そろそろ皆さん気づいてるんじゃないでしょうか。シークレット・サンタに参加するチャンスを見逃すわけにはいきません。この上ないクリスマスの喜びを分かち合いましょう。

なおイベントのプレゼントの送付締切りは12月10日らしい。参加者の皆さん、頑張って。っていうか日本にもこのイベントあるといいのにな。

No image

So my #nzsecretsanta likes to retweet a lot but not so much tweeting themselves, well this will be fun ??
— Damien Spurdle (@DamienSpurdle)
2017年11月23日
from Twitter

僕のシークレット・サンタの相手は、山のようにリツイートするけど、自分のことはあまりツイートしないらしい。さて…。

via:Mashable/NZ Twitter Secret Santaなど / translated by K.Y.K. / edited by parumo

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
男性は「手の指の長」さで「女性の好み」のタイプが決まるらしい!
もし私が10歳の日本人なら...世界的投資家の「驚愕の問いと答え」
マグロの「赤身」ってどこにある?わからなければ「一本買い!! 本マグロ解体パズル」で部位に詳しくなろう
【検証】ユニクロの防風暖パン『ブロックテックスリムフィットチノ』だけで真冬のバイク通勤に耐えられるのか試してみた結果
【今週の運勢】12月18日(月)~12月24日(日)の運勢第1位は山羊座! そまり百音の12星座週間占い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加