チェルシー、新スタジアム建設が遅延...2024年まで使用できず

チェルシー、新スタジアム建設が遅延...2024年まで使用できず

  • サッカーキング
  • 更新日:2017/11/12
No image

チェルシーの本拠地・スタンフォード・ブリッジ [写真]=AMA/Getty Images

チェルシーの新スタジアム建築計画は、予定されていた期間よりも遅れることになるという。イギリス紙『ミラー』が報じた。

同メディアによると、当初2021-22シーズンから新しいスタジアムを使用する計画だったが、プランに変更があった模様で24-25シーズンまでずれ込むという。

建築計画に携わっている人物は以下のようにコメントしている。「私たちは2018年の下半期には新スタジアムの改築工事を進める予定だった。しかし鉄道関係の問題で2019年に延ばすことになったんだ。最終的に今の状況を最低あと2シーズンは続けることになると思う」

ミュージアムやフィットネスクラブなどが併設される予定の新スタジアムは、5億ポンド(約760億円)をかけて建てられ、現在の約4万1600席から約6万席に増設予定だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
浦和を救った守護神・西川周作に各国メディアなど賛辞。「英雄的パフォーマンス」
ベンゼマ『悲惨』な3点評価
驚異の早期復帰で“イブラ節”も健在。「ライオンの回復力は人間とは違う」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加