波乱!挑戦者ゼウス組が世界タッグ選手権前哨戦制す

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/14

<全日本:後楽園大会>◇13日◇後楽園ホール

25日の大阪大会(エディオンアリーナ大阪第2競技場)での世界タッグ選手権前哨戦が行われた。

第6試合の8人タッグで、王者組の宮原健斗、ヨシタツ組が、野村直矢、崔領二と組んで、挑戦者のゼウス、ボディガー組にKAI、TAJIRIのチームと対戦。挑戦者のゼウスが、宮原をジャックハマーで仕留める波乱となった。

ゼウスは試合後「こんなもんやった。本番でも時速200キロの直球で、オレらの勝ちや。大阪で、ゼウス、ボディガーが宮原、ヨシタツをぼこぼこにしばいたる」とベルト奪取を宣言した。敗れた宮原は無言で控室に引き揚げ、ヨシタツは「前哨戦、前哨戦だ」と言うのが精いっぱいだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マジプリ永田薫、阿部周平がハーフマラソン完走
「豆腐プロレスin愛知県体育館」興奮の坩堝、ハリウッドJURINAマットに沈む
珠理奈敗れる「負けから始まる人生もある」豆腐プロレス第2弾
吉田は23位〔五輪・距離スキー〕
吉田、上位との差痛感〔五輪・距離スキー〕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加