バルサ監督、“鬼門”で勝利も「ちょっと心配」 開幕4連勝のなか危惧することとは?

バルサ監督、“鬼門”で勝利も「ちょっと心配」 開幕4連勝のなか危惧することとは?

  • Football ZONE web
  • 更新日:2018/09/16
No image

チームを率いるエルネスト・バルベルデ監督【写真:Getty Images】

敵地でソシエダに2-1と逆転勝利、バルベルデ監督が感じた難しさ

バルセロナは現地時間15日に行われたリーガ・エスパニョーラ第4節、レアル・ソシエダとのアウェーマッチに臨み、2-1の逆転勝ちで今季開幕4連勝を飾った。この勝利で早くも単独首位に立ったチームだが、スペイン紙「マルカ」によるとチームを率いるエルネスト・バルベルデ監督は「ちょっとだけ心配している」とのコメントを残している。その理由とは――。

試合は前半12分、ソシエダのセットプレーからDFアリツ・エルストンドの豪快なシュートが突き刺さり、バルサは分が悪い“鬼門”の敵地アノエタで先制を許す展開に。その後もエースFWリオネル・メッシら攻撃陣がリズムを欠き、後半に入ってもカウンターを何度も浴び、ドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンの好セーブに救われる場面が目立つなど、決して良い流れではなかった。

しかし後半18分、左CKの混戦からFWルイス・スアレスが右足でねじ込み同点とする。そこからメッシとの連係で途中出場のMFフィリペ・コウチーニョがミドルを放ち、21分にそのCKから今度はFWウスマン・デンベレが勝ち越しゴールを叩き込んで試合をひっくり返した。

「私はちょっと心配したよ。本当に少しだけだけど、それがほとんどのことだ。会場の雰囲気は素晴らしいし、観客もモチベーション十分だったからね」

このように切り出したバルベルデ監督。アノエタでの戦いには非常に難しさを感じていた模様だ。

ボール支配率で上回るもカウンターから何度もピンチ招く

「彼らは我々にプレッシャーをかけてきた。我々はボールを握りにいこうとするが、いつも我々は問題があった。なぜなら、彼らにイニシアチブを与えてしまったからだ」

実際、試合は2-1になって以降もソシエダがチャンスを迎える場面が多かった。スペイン紙「AS」のデータによると、ボール支配率はバルサが69.3%を数えたものの、シュート数はバルサの16本に対してソシエダが12本とほぼ互角。テア・シュテーゲンのビッグセーブに助けられたピンチもあり、同紙の採点で守護神が唯一の「星3つ」の満点評価になっていることが、バルサの苦戦ぶりを物語っている。

スコア以上に冷や汗をかかされたバルサ。鬼門での2年連続勝利は、今後に向けて教訓とすべき90分間になったと言えるのかもしれない。

(Football ZONE web編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
バイクレースで並走するバイクのブレーキを握る、最悪の反則行為が行われる
日本代表、森保監督交代へ?新たな指揮官はドナドーニ氏か
「完璧な弾道だ!」「クールな男」鮮烈ゴールの南野拓実に地元メディアから称賛の嵐!
日本中が沸いた大勝負で露呈した「母性依存という問題」
元レアルDFのモデル妻がヌード写真を全世界に発信。夫の反応は...?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加