新設表彰「スピードアップ賞」の受賞者が決定!

  • ベースボールキング
  • 更新日:2016/10/17

◆ 今シーズンから新設

日本野球機構(NPB)は17日、今シーズンから新たにコミッショナー表彰として制定した「ローソンチケット スピード アップ賞」の受賞者を発表。パ・リーグは西武の牧田和久と楽天の藤田一也、セ・リーグは投打ともに中日のバルデスと大島洋平がそれぞれ受賞した。

試合を心地よく、魅力的にするためにスピーディーに進めた選手、個人及びチームを対象として優秀者を表彰するのが「スピードアップ賞」。投手部門では、レギュラーシーズンにおいて最も平均投球間隔(※無走者時)が短かった投手が選出される。

西武の牧田はこれが平均8.1秒で、12球団トップの数字。テンポの早い投球でチームに流れを呼び込み、中継ぎながら7勝をマークした。

野手部門は、相手投手の平均投球間隔(無走者時)が最も短かった打者が表彰。中日のトップバッター・大島洋平が12球団トップの12.1秒を叩き出している。

また、チーム部門では、最も平均試合時間(9回試合のみ)が短かったチームが表彰。パ・リーグは3時間08分のロッテが、セ・リーグは3時間02分の巨人が受賞した。

「スピードアップ賞」の第1回受賞者は以下の通り。

【スピードアップ賞】

<投手>
パ:牧田和久(西武) 8.1秒
セ:バルデス(中日) 8.5秒
※タイムは無走者時の平均投球間隔

<野手>
パ:藤田一也(楽天) 12.3秒
セ:大島洋平(中日) 12.1秒
※タイムは無走者時の相手投手の平均投球間隔

<チーム>
パ:ロッテ 3時間08分
セ:巨人  3時間02分
※タイムは平均試合時間(9回試合のみ)

<特別賞>
※選考中

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
糸井嘉男は阪神でも活躍できるか!? 過去にもいた「オリックス→阪神」の選手たち
稲村亜美、平沢をガチ勝負で三振!球審が「神判定」
球児、狙う通算防御率1点台 野村元監督の教え胸に巻き返す
阪神高山、進化へ掲げた課題 ボール球の見極め→三振減→出塁率アップ
各球団発表、12月2日の契約、退団、育成契約、入団テスト合格は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加