『(500)日のサマー』マーク・ウェブ監督最新作『gifted/ギフテッド』公開決定

『(500)日のサマー』マーク・ウェブ監督最新作『gifted/ギフテッド』公開決定

  • クランクイン!
  • 更新日:2017/08/15
No image

映画『gifted/ギフテッド』 (c)2017 Twentieth Century Fox<画像をもっとみる>

(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督最新作『gifted/ギフテッド』が、11月23日より日本公開されることが決定。併せて、日本オリジナル版のポスタービジュアルと場面写真も解禁となった。

【関連】『gifted/ギフテッド』日本オリジナル版ポスタービジュアル&場面写真

フロリダの小さな町で、生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図る。フランクには亡き姉から託されたある秘密があった。

主演は『キャプテン・アメリカ』『アベンジャーズ』シリーズのクリス・エヴァンスと、新星マッケナ・グレイス。彼らを温かく見守る教師役として、コメディエンヌとして高い人気を誇り、実生活でのクリスとのロマンスも話題となったジェニー・スレイトも出演。さらに、フランクとメアリーに立ちはだかる厳格な祖母役として『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』のリンゼイ・ダンカンが、フランクとメアリーを常にサポートする隣人役としてオクタヴィア・スペンサーが脇を固める。

叔父のフランク越しにこちらを見つめる無邪気で可愛らしいメアリーの姿に、アーティスティックなデザインが施された日本オリジナル版のポスタービジュアルは、マーク監督もお気に入りとのこと。ビジュアルと併せて解禁された場面写真には、フランクを下敷きにして、おませに足を組んで楽しげに話しかけるメアリーと、優しい眼差しで耳を傾けるフランクの、仲睦まじげで微笑ましい姿が映し出されている。

映画『gifted/ギフテッド』は11月23日より全国公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
呪怨は4位!「人生で一番怖かった映画」1位は?
満島ひかりが女優としての「覚悟」を見せた映画「海辺の生と死」
松本潤が『ナラタージュ』で見せる官能シーン
ダニエル・クレイグ、『007』ボンド続投を認める!「待ちきれない」
トム・クルーズさん(55)スタント失敗で骨折!全治数ヶ月と発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加