最新ランキングをチェックしよう
東海大の苦い教訓。箱根駅伝は「ミスすれば負ける」サバイバル戦に

東海大の苦い教訓。箱根駅伝は「ミスすれば負ける」サバイバル戦に

  • Sportiva
  • 更新日:2017/11/12

東海大・駅伝戦記  第15回前回の記事はこちら>>  全日本大学駅伝、東海大は4区の關颯人(せき はやと/2年)が区間5位とやや遅れ、トップを走る東洋大との差は1分以上も開き、後続の青学大とは7秒差にまで縮まった。これ以上離されると優勝に届かなくなる。 5区には湊谷春紀(3年)が、当日の選手変更で入った。 当初のエントリーでは中島怜利(2年)が5区のメンバーとして発表されたが、実は湊谷には5日前に

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ハリルの戦術だけではダメ! W杯で期待したい“大人のサッカー”とは?
井手口陽介スペインデビューに「楽しい時間だった」
[日本高校選抜選考合宿]流通経済大柏MF石川貴登(3年)「最後の最後で負けてしまって、そこで負けて学ぶことができた」
松井大輔がレシーバー目線で語る日本人“名パサー論” 「走ればボールが来る」至高の感覚とは?
高木美帆「動きも良い方向に」新レーススーツ披露
  • このエントリーをはてなブックマークに追加