元阪神マートンが引退、カブスの編成部門に就任

元阪神マートンが引退、カブスの編成部門に就任

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/13
No image

マートン

阪神で大活躍したマット・マートン外野手(36)が現役引退することが13日、分かった。今後はかつて所属したカブスの編成部門に入る。

マートンは来日1年目の10年に当時の日本プロ野球記録となるシーズン214安打を達成。11年、13年にもリーグ最多安打を記録。14年は打率3割3分8厘で首位打者も獲得した。15年シーズン終了後に阪神を退団した後、16年はカブスとマイナー契約を結び、17年はタイガースとマイナー契約。米球界復帰後はメジャーに復帰できていなかった。

日本在籍6年で832試合、1020安打、77本塁打、417打点、打率3割1分。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
DeNAドラ6寺田 大学再受験、バイト、独立L...26歳でつかんだ夢
坂本バットで飛躍だ!巨人D2・岸田が初めてフリー打撃
ソフトB甲斐、フル代表に
メジャー通算51勝の大物ジーは活躍するか 中日の2018年助っ人陣容
Qちゃんに学んだ!ロッテ・佐々木、今季はスマイル全開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加