レンジローバー に改良新型、最新コネクティビティ搭載

レンジローバー に改良新型、最新コネクティビティ搭載

  • レスポンス
  • 更新日:2017/10/12
No image

レンジローバー 改良新型

もっと画像を見る
ランドローバーは10月11日、『レンジローバー』の改良新型モデルを発表した。

レンジローバーの改良新型モデルでは、現行モデルのデビュー以来、初の大幅改良を実施。エクステリアは、新デザインのフロントグリルやバンパーを装備。ヘッドライトには、「マトリクスピクセル」と命名された最新LEDを導入する。

改良新型モデルでは、全車に最新のコネクティビティを搭載。リストバンドのようなアクティブキーは、キーなしで車両のロックとアンロックが可能。新開発のサンブラインドは、乗員の手の動きを感知する高度なジェスチャーコントロールシステムを採用。ブラインドを開閉するには、リアビューミラーの前で手をスワイプさせる。

また、改良新型モデルには、「タッチ・プロ・デュオ」と呼ばれるインフォテインメントシステムの最新版を装備。新しいインターフェイスを備えた10インチのデュアルタッチパネルモニターを採用。上側に主にナビゲーション、下側に「オート・テレーン・レスポンス」や空調などの操作系を表示する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
神戸製鋼「社員向け」掲示板が「阿鼻叫喚」 「娘がいるんだ!」「家のローンが!」
ヤマハが農業を変える? ドローン参入、無人ヘリ30年のノウハウ活かし
世界生産1億台、「スーパーカブ」がモデルチェンジ(写真17枚)
【魔改造】スーパーバイク「スズキ・GSX−R1000」のエンジンを積んだ自動車の走行音が大迫力すぎてヤバい
“倒れないバイク”再び ホンダが改良版、東京モーターショーに出展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加