アウォーディー首差遅れも好気配/チャンピオンズC

アウォーディー首差遅れも好気配/チャンピオンズC

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/12/01
No image

フェルメッツァ(右)と併せて追い切るアウォーディー(撮影・上田博志)

<チャンピオンズC:追い切り>

JRA・G1初制覇を狙うアウォーディー(牡6、松永幹)が好気配をアピールした。Cウッドでフェルメッツァ(古馬1600万)を7馬身ほど追走。4コーナーの七分どころを回りながら内に潜り込み、2頭で体を並べる。そこからビシッと追われて6ハロン82秒1-12秒3をマークした。首差遅れだったが、松永幹師は「抜け出すとやめるので追いかけさせた。そんなに動くタイプではないし、最後までよく踏ん張っていたと思います」と合格点だ。

昨年9月の1600万からダートに矛先を向け、前走JBCまで無傷の6連勝。砂無敗でのJRA・G1制覇に王手をかけた。この3戦は半馬身、頭、3/4馬身差。「ジョッキーが本当にうまく乗ってくれる」と、師は武豊騎手のゴール板を測ったかのような押し切りに賛辞の言葉を送る。

その鞍上は、先週のジャパンCをキタサンブラックで勝利。チャンピオンズC(前身JCダート含む)との芝→ダート“世界戦”の同一年の連勝の例はない。アウォーディーで自身初に挑む武豊騎手は「ダートで走るようになって1走ごとに力強さが出てきたし、左回りはコーナーがすごくスムーズ。厳しいレースになると思うけど、当然、期待してますよ」と好勝負を誓った。【中西典章】

<武豊騎手 一問一答>

-JBCクラシックで統一G1初制覇

武豊騎手 連勝していたが、それまでで一番強いメンバーが相手だったので、どれだけやれるかなという気持ちだった。1走ごとに力強くなっている。

-今度は中京

武豊 特に癖がある馬ではないし、右回りでも勝っているけど、左回りはコーナリングがすごくスムーズ。

-1800メートルは?

武豊 いいと思いますよ。ここは目標にしてきたレース。メンバーは強力ですし、厳しいレースにはなると思いますが、当然、期待している。

-松永幹夫師(元騎手)が管理する馬での挑戦

武豊 ジョッキー時代から、お世話になっていた。一緒に勝てればうれしい。

-抱負を

武豊 おそらく主役になるでしょうが、こういう馬にG1で乗れるのは騎手として光栄。馬は充実している感じがしますし、ベストを尽くして勝てればいいね。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
八嶋智人が「成宮寛貴は好青年」とフォローも「FRIDAY」が爆弾続報を予告
【謎のぽちゃかわ美女】「カロリミットファンケル」CMに出演しているマシュマロ美女は誰!? 正体は文学座の頼経明子さんでした
踏切で一時停止した車にトラック運転手が激高、鈍器でドアガラスを殴る動画が拡散中 会社側は非を認めて謝罪
盗用+個人情報収集疑惑の人気アプリ『Everfilter』...しかし怖いのはそれだけではなかった!?
山下智久、事務所との決裂危機を救ったあの人物のひと言「僕と契約しよう」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加