「この人痴漢かも...」 こんな男は怪しい!「わざと狭いスペースに」「手のひらが触れる」

「この人痴漢かも...」 こんな男は怪しい!「わざと狭いスペースに」「手のひらが触れる」

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/12/07

ジャパン少額短期保険(東京都千代田区)は2017年12月6日、インターネットで20~59歳の男女1000人を対象に実施した「通勤トラブルに関する意識調査」の結果を発表した。

No image

痴漢に遭った経験のある女性は57.8%。「この男性痴漢では?」と、女性が満員電車などで感じるのは、「空きスペースがあるのにわざと狭いスペースに寄っている」人だという。

女性に触れないようにするのが一番?

通勤、帰宅時の満員電車で痴漢の嫌疑をかけられ、ホームから線路に脱走を図る――。メディアで、そんな逃走劇を耳にすることも珍しくない。世の男性は痴漢と疑われないよう、どんな注意を払っているのだろうか。

ジャパン少額短期保険の調査によれば、「電車またはバスでの通勤・通学時、痴漢に間違われないように心掛けていること」の1位は「女性に触れないようにする」(47.8%)だった。2位は「乗車時は手をあげる」(41.5%)、3位は「満員電車を避ける」(22.4%)と続いた。

一方、どんな時に「この男性痴漢では?」と疑うのか女性に質問すると、1位は「空きスペースがあるのにわざと狭いスペースに寄っている」(62.2%)、2位は「手のひらが触れる」(47.0%)、3位は「手が下の方にある」(33.0%)となった。

春夏は要注意

これに対し、女性はどんな痴漢対策をとっているのか。痴漢に遭った経験の有無を聞くと、「ある」(57.8%)は過半数を超えている。痴漢に遭った季節に関しては、「春」(32.0%)、「夏」(29.6%)、「冬」(19.5%)、「秋」(18.9%)の順で、肌が露出しやすい季節は要注意だが、秋冬も油断は禁物のようだ。

女性が痴漢に遭わないよう気を付けていることは、「女性専用車両に乗る」(22.9%)、「露出の高い服装を避ける」(21.1%)、「満員電車を避ける」(18.5%)の順に多かった。<J-CASTトレンド>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
AV男優・森林原人が「娯楽としてのエロ」を指南! モテより、まずクリアすべき”3F”とは?
LINE“送信取消”は全然ダメ!誤爆を防ぐにはむしろこの設定
ローラの人間離れした究極ボディが凄い!あの新CMが解禁!
この絵をパッと見て、最初に何が見えた?心の奥底を探る心理テスト
東京のベンチが「意地悪過ぎる」座ることも許されない!と話題に!実は...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加