ソフトバンク甲斐の「キャノン砲」が炸裂 好判断&好送球でピンチ拡大阻止

ソフトバンク甲斐の「キャノン砲」が炸裂 好判断&好送球でピンチ拡大阻止

  • フルカウント
  • 更新日:2018/04/18
No image

ソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】

3回無死一、二塁で嶋の犠打を三塁好送球で阻止

ソフトバンクの甲斐拓也捕手が、自慢の強肩を発動させた。17日、本拠地ヤフオクドームで行われた楽天戦。2点リードの3回無死一、二塁でピンチ拡大を阻止する「甲斐キャノン」が火を吹いた。

この回、ソフトバンク先発の東浜が楽天打線につかまった。先頭のアマダーに中前安打、続く岡島にも中前安打を許し、連打で一、二塁とされた。ここで打席に立ったのは嶋。楽天ベンチの作戦は送りバントだった。

低めのボールに対し、嶋はバットに当て、ボールは一塁側へと力無く転がった。出足鋭く打球に反応した甲斐は迷うことなく三塁へ。矢のような送球が送られ、走者がアマダーだったこともあって悠々とアウトになった。

東浜はその後、満塁のピンチを招くも無失点に抑えると、6回途中7安打3失点の粘投で今季初勝利。ソフトバンクは松田、柳田、福田が本塁打を放ち、5-3で競り勝った。チームに流れを引き寄せる上でも、「甲斐キャノン」はビッグプレーとなった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
伊藤智仁の伝説再現!6・1高速スライダー号バスツアー/BCリーグ
メジャーではありえない!?高木菜那のノーバン始球式で見えた光景とは
「4番・大谷」技あり打!変則右腕クエトに“三度目の正直”
「瓜田純士に勝ったら10万円」対戦相手大募集! “キング・オブ・アウトロー”が『THE OUTSIDER』に帰ってきた!!
大谷 “先輩だから”日本でプレー元助っ人にあいさつ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加