鈴鹿央士、広瀬すずとの出会いを回顧 スポニチグランプリ新人賞受賞

鈴鹿央士、広瀬すずとの出会いを回顧 スポニチグランプリ新人賞受賞

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2020/02/13
No image

スポニチグランプリ新人賞受賞を受賞した鈴鹿央士

俳優の鈴鹿央士が13日、神奈川県川崎市で開催された「第74回毎日映画コンクール」表彰式に出席。映画『蜜蜂と遠雷』でスポニチグランプリ新人賞を受賞した鈴鹿が、本作でデビューした経緯や撮影の裏側を茶目っ気たっぷりに話して会場を沸かせた。

『蜜蜂と遠雷』は、直木賞と本屋大賞をダブル受賞した恩田陸の同名小説が原作。かつて天才少女と呼ばれながら挫折を味わった栄伝亜夜(松岡茉優)ら4人のピアニストたちが国際ピアノコンクールに臨む姿が描かれた。鈴鹿は100人を超えるオーディションから抜擢され、正規の音楽教育を受けずにして類まれな才能を持つ風間塵を好演。報知映画賞、キネマ旬報ベスト・テンなど映画賞の新人賞を総なめにしている。

鈴鹿は表彰式の前に行われたオープニングセレモニーでも「今日は華やかな会場を楽しみたい」と話すなど終始ご機嫌だったが、いざ表彰式でトロフィーを受け取ると、途端に緊張した面持ちに。「素晴らしい賞をいただき光栄です」と話した後は、言葉に詰まる一幕も。

「正直何をしゃべるか考えずにここに来てしまったんです。まあ、皆さんもいお気づきでしょうが」ととっさに切り返して場内の笑いを誘ったが、そんなおどおどした鈴鹿の様子に同席した同作の石川慶監督は「声を張ってお願いしますよ。ほとんど聞こえない」とツッコミ。

鈴鹿はそんな石川監督に対し、「お世話になった石川監督と今日お会いして、この映画を撮った時、いい歳の大人たちが真剣に一つの作品に向かい合って、いい作品を作るんだという思いで取り組んでいるのを見てかっこいいなと思ったのを思い出しました。僕もそういう大人になりたいと思っている今日この頃です」としみじみ語った。

No image

表彰式の様子

また、デビューは同じ事務所に所属する広瀬すずの出演作品にエキストラで参加したのがきっかけとなったことも明かし、広瀬の印象について「僕の通っていた高校に撮影に来られたんです。芸能人見に行くぞって、行ったんですけど、プロの俳優さんを見るのはその時が初めて。(広瀬を見て)こんなに顔が整っていて綺麗で、宇宙人みたいな人、本当にいるんだなって」とユーモアたっぷりに回顧。

その広瀬にすでに受賞を伝えたそうで、「たまたま事務所でお会いしたのでその時に受賞のことを伝えました。『すごいね、おめでとうございます』と言われて嬉しかったです」と笑顔を見せた。

鈴鹿は広瀬と出会った頃、まさか自分が芸能人になれるとは思ってもみなかったと言い、「芸能人になれるというイメージはなかった。岡山の田舎に住んでいたんですけど、芸能界なんて関係ない世界だと思っていた」と感慨深げ。今後の芸能活動について「人生両足突っ込んじゃったので、やるからには人生かけてやらないと」と意気込み。「上り坂も下り坂も壁もかかってこいやという感じ」と続けると、最後は「かかってこいや!」とガッツポーズを作っていた。

同賞は、1946年に日本映画産業の振興に寄与し、国民に映画の楽しさを広く伝えることを目的に創設。第一線で活躍するジャーナリスト、専門家など約70名が選考に関わって受賞作を選出。2019年1月1日から12月31日までに国内で14日間以上劇場公開された作品が対象となった。(取材・文:名鹿祥史)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『パラサイト』は「富裕層vs.貧困層」の映画ではなかった
2月17日の注目映画第1位は『1917 命をかけた伝令』
『ハーレイ・クイン』やりたい放題に暴れまくり、特別映像公開
レニー・ゼルウィガー5回目の来日決定、「ジュディ 虹の彼方に」新映像も到着
志尊淳×城田優“兄弟の絆”を語る ピクサー最新作『2分の1の魔法』特別映像公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加