最新ランキングをチェックしよう
豪州救ったケーヒル、劇的弾後の“Tポーズ”で物議 商業目的の疑惑浮上でFIFAが調査開始か

豪州救ったケーヒル、劇的弾後の“Tポーズ”で物議 商業目的の疑惑浮上でFIFAが調査開始か

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/10/13

シリア戦でW杯の望みつなぐ2発も、決勝点後のゴールパフォーマンスで疑惑浮上  オーストラリア代表FWティム・ケーヒル(メルボルン・シティFC)は、10日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)予選の大陸間プレーオフ進出をかけたシリアとの大一番で2得点を挙げて、2-1の勝利に貢献した。救世主となったケーヒルだが、延長後半4分の決勝ゴール後に披露した「Tポーズ」に関して、商業目的だったのではないかとの

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
新庄剛志、年俸2200万円で2000万のベンツ購入!借金生活送る
シベリアンハスキーが「バカ犬」と言われている理由
パンサー尾形、ヤバすぎる下半身事情を妻が激白 「毎晩、寝ている間に...」
世界で唯一?韓国のスタバのマグカップに書かれた注意書きに、韓国ネット「恥ずかしい」
日本代表、森保監督交代へ?新たな指揮官はドナドーニ氏か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加