豪州救ったケーヒル、劇的弾後の“Tポーズ”で物議 商業目的の疑惑浮上でFIFAが調査開始か

豪州救ったケーヒル、劇的弾後の“Tポーズ”で物議 商業目的の疑惑浮上でFIFAが調査開始か

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/10/13
No image

シリア戦でW杯の望みつなぐ2発も、決勝点後のゴールパフォーマンスで疑惑浮上

オーストラリア代表FWティム・ケーヒル(メルボルン・シティFC)は、10日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)予選の大陸間プレーオフ進出をかけたシリアとの大一番で2得点を挙げて、2-1の勝利に貢献した。救世主となったケーヒルだが、延長後半4分の決勝ゴール後に披露した「Tポーズ」に関して、商業目的だったのではないかとの疑惑が浮上し、FIFA(国際サッカー連盟)の調査が入る可能性があるという。英紙「ガーディアン」や「インディペンデント」などが報じている。

敵地(中立地)での第1戦を1-1で引き分けていたオーストラリアは、本拠地第2戦でシリアに先制を許す苦しい展開となった。そのピンチを救ったのがケーヒルだった。前半13分に右からのクロスに走り込んでヘディングシュートを決めると、1-1のまま迎えた延長後半4分には左からの折り返しを再び頭で押し込んだ。オーストラリアはケーヒルの爆発で2戦合計スコアを3-2とし、北中米カリブ海予選4位のホンジュラスと戦う大陸間プレーオフへ駒を進めた。

しかし、決勝ゴールの際にケーヒルは両手でアルファベットの「T」をかたどるゴールセレブレーションを披露しているのだが、これが商業目的だったのではと指摘されている。というのも、ケーヒルはオーストラリアの旅行会社「TripADeal」社のアンバサダーを務めており、同社をプロモーションする意図があったのではという疑惑がかけられている。「TripADeal」社はインスタグラムを通じ、「我々の新しいブランドアンバサダーのティム・ケーヒルは、今夜の決勝ゴールを決めた後にTripADealの“T”ポーズをしたのを見ましたか?」とのメッセージを投稿していた。

過去にはベントナーに1500万円の罰金処分も

FIFAは政治的メッセージを発信することなどと同じく、商業目的のゴールセレブレーションについて禁止している。この一件については今後、FIFAの調査が入るかもしれないと報じられている。

「ガーディアン」紙によれば、過去にはデンマーク代表FWニクラス・ベントナーがベッティング会社のプロモーションを行ったことに対し、10万ポンド(約1500万円)の罰金処分を受けていたことを紹介している。オーストラリアを救ったケーヒルにも処分が下される可能性がありそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
エイバル乾を倒したレアルMFを元同僚が批判 「いじめっ子のような素行だった」
大食い王“もえあず脱落”に不満続出「ちょっと不平等」
【コラム】土居聖真は猛獣になったのか。洗練された理想と覚悟
2017年の世界ベストイレブンが決定!最優秀選手C・ロナウドらレアルから最多5選手が選出
ユベントス監督がマンジュキッチの“退場判定”に異例のコメント 「主審には感謝している」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加