「NEW筒香」お披露目 15日・サムスン戦で自然体打法

「NEW筒香」お披露目 15日・サムスン戦で自然体打法

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/02/16
No image

新打法で15日の練習試合に臨むDeNA・筒香

「DeNA春季キャンプ」(14日、宜野湾)

DeNA・筒香嘉智外野手(26)が14日、新打法で臨む15日の練習試合、韓国・サムスン戦(宜野湾)への意気込みを語った。

「3番・左翼」で2打席出場の予定で「まずは投手の球や、体の反応を見ることになる」という自身の初実戦。今キャンプでは、スタンスを狭くして自然体で立つ打法に取り組んでいるが「今はこれがしっくりときている。新しく変えて、いい感覚を見つけられればいい」と話した。

見た目にも大きな変更だが「変わらなければ現状維持でしかない。今がいいからそのままで、という考えはない。常に向上したい」と変化を恐れず高みを目指す意思を示した。代表の4番をも担う“ハマの主砲”が、さらなる進化の道を歩む。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
岩崎が4回を1安打無失点、先発転向へアピール
広島は19歳左腕、巨人はドラ1野手...12球団“次なる新星”は誰?
ソフトBが新兵器テスト AIで動作解析 27、28日練習試合で
DeNAドラ8・楠本“プロ1号”は人生初劇弾「たまたま芯に当たった」
流鏑馬に水泳、ボッチャも=五輪記念硬貨の図柄決定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加