小谷将寿、王座獲得ならず 初挑戦でTKO負け

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/13

<プロボクシング:東洋太平洋スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦>◇13日◇東京・後楽園ホール

同級1位小谷将寿(30=平仲)が初挑戦で王座獲得はならなかった。

同級王者カルロ・マガレ(31=フィリピン)の初防衛戦で、10回50秒TKO負けを喫した。序盤は互角に打ち合ったが徐々に劣勢となる。4回には右まぶたをカットし、公開採点では0-2とリードされた。その後も劣勢ながら8回の公開採点では1-2だったが、9回に左アッパーからの右、さらに右フックで2度ダウンを喫す。9回に右ストレートでのけ反るとレフェリーストップとなった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
山中竜也 3・18神戸で初防衛戦 震災の年4月生まれ こだわって1・17に発表
山中、神戸で初防衛戦 震災3カ月後に誕生“恩返し”誓う
内藤哲也2年連続MVP「ベルト越え」存在感訴える
山中竜也らが湊川神社で必勝祈願、WBOミニマム級王者
山中竜也は震災3カ月後誕生、神戸で初防衛戦へ思い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加