5番人気ゲッカコウが逃げ切り完勝/レインボーS

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/16

レインボーSを逃げ切ったゲッカコウと丹内騎手(撮影・酒井清司)

<レインボーS>◇16日=中山◇1600万◇芝2000メートル◇3歳上◇出走13頭

5番人気ゲッカコウ(牝4、高橋義)が逃げ切った。勝ち時計は2分1秒4。1000メートル通過が63秒0のマイペースに持ち込むと、最後は2馬身差の完勝。

丹内騎手は「リラックスして走っていたし、まだ余力があった」と底力に感心。高橋義師は「『ハナに立っている』と驚いたが、あのペースなら行けるのではと思った。これから強い馬たちが相手になる」とオープン入りにも気を引き締めた。次走は未定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「僕はゲイだからお泊りさせて」直談判してきた娘の男友達に、母親がイカした切り返し
マツコ・デラックス、力士姿を披露 イケメンぶりに有吉弘行が絶賛
「うちの猫には...明らかに『親指』がある」人気を呼んでいた1枚
教えて! ぶっちゃけ妊娠中も「セックス」してた?
元SMAPメンバーの鮮やかすぎる復活劇が、テレビ界の“地殻変動”を誘発する!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加