『文豪ストレイドッグス』と東京創元社がコラボ! ポオとラヴクラフトのイラストを使った帯が『ポオ小説全集1』『ラヴクラフト全集1』に!

『文豪ストレイドッグス』と東京創元社がコラボ! ポオとラヴクラフトのイラストを使った帯が『ポオ小説全集1』『ラヴクラフト全集1』に!

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2016/10/20
No image

『文豪ストレイドッグス』と東京創元社がコラボ!

月刊『ヤングエース』で好評連載中の『文豪ストレイドッグス』に登場する、米国の小説家エドガー・アラン・ポーとハワード・フィリップス・ラヴクラフトのイラストを使った帯を、東京創元社が刊行する『ポオ小説全集1』と『ラヴクラフト全集1』につけて、2016年10月下旬に店頭出荷することが決定した。

『文豪ストレイドッグス』は、現代の横浜を舞台に、中島敦、太宰治、芥川龍之介といった文豪たちが活躍する異能アクションバトル漫画。2013年1月号の『ヤングエース』より連載が開始され、コミックスはシリーズ累計410万部を突破した大人気作品だ。2016年10月5日(水)からはアニメ第2期の放映も開始され、帯にも起用されたラヴクラフトも登場する予定。

アメリカ最大の文豪であり短編の名手であるポオが著した『ポオ小説全集1』は、推理小説を創造し、怪奇小説やSF、ユーモア小説の分野にも幾多の傑作を残した彼の小説世界を完全収録した全集。怪奇と幻想、狂気と理性の中に美を追い求めた彼の世界観に引き込まれるだろう。

『ラヴクラフト全集1』は、幻想と怪奇の作家・ラヴクラフトの文庫判全集第1巻で、彼の生みだしたクトゥルー神話が怪しくひそむ傑作「インスマウスの影」や、彼のブラック・ユーモアな一面が垣間見える「死体安置所にて」など、全4編を収録した怪奇小説ファンにはたまらない1冊だ。

■アニメ「文豪ストレイドッグス」
原作:朝霧カフカ
漫画:春河35
監督:五十嵐卓哉
シリーズ構成・脚本:榎戸洋司
アニメーション制作:ボンズ
製作:文豪ストレイドッグス製作委員会

※掲載内容は変更になる場合があります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
秒速で笑えるマンガ『矛盾』タイクツくんDX|退屈先生
【4コマ】女は話を聞かない生き物
秒速で笑えるマンガ『多数決バス』ヘアドロップ|アーノルズはせがわ
秒速で笑えるマンガ『進路』無常のふでこさん|ぬこー様
  • このエントリーをはてなブックマークに追加