水卜麻美アナ、本人役で『タイムボカン』に登場!「アンパンマンに出たい」と野望も

水卜麻美アナ、本人役で『タイムボカン』に登場!「アンパンマンに出たい」と野望も

  • テレビドガッチ
  • 更新日:2017/10/12
No image

日本テレビの水卜麻美アナウンサーが、アニメ『タイムボカン 逆襲の三悪人』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜17:30~)12月2日放送の第9話に本人役で出演することが決定。この程、アフレコ収録が行われ、その感想や今後の展望を語った。

パワハラ上司の意外な一面が発覚「ただのツンデレ上司じゃねえか」

同アニメは、2016年10月から2017年3月にかけて放送された『タイムボカン24』の一部設定を変更し、バージョンアップした新シリーズ。40年以上続く『タイムボカン』シリーズで主人公は変われども、アクダーマの3人は変わらない。シリーズの真の主人公たる3人が、逆襲の三悪人という副題がつけられた今回こそ、本当に主役の座を奪うべく奮闘する。時事ネタを盛り込みつつ、歴史上の偉人を追いかけ、教科書や学校では習わない、偉人の弱点や知らなかった事実が描かれるストーリーは、子どもから大人まで楽しめる内容になっている。

序盤は画の尺に合わせてセリフを言うのに苦労した水卜アナだったが、すぐにコツを掴み順調に収録をこなしていく。ラーメンを食べるシーンでは、監督から「落語的にすする音を」と難しい要求もあり、水卜アナも「これは難しい。これだけが心配だったんです」と気合いを入れてアフレコに挑戦。見事に監督の要求に応えた。また、登場人物のツブヤッキーにツッコミを入れられるシーンでは「ミト(水卜アナの事)って言ってる。嬉しい」と素になって大喜びしていた。

収録後、水卜アナは「すごく楽しかったです。自分の役なので、自分のままで良いと言われたんですけど、画の自分を見たら自分でどんなだったんだろうってわからなくなって……(笑)」と振り返り、「すごく難しかったんですけど、私が言いそうな事をいっぱいセリフに起こしていただきました」とコメント。お気に入りシーンについては、「ニンニク、ショウガ、ネギ、らっきょ、ニラって薬味を一気に早口で言うシーンがあったんですけど、アナウンサーとして、ここは絶対に噛まずに一発でOK出したいなって気合いが入っていたので、好きなセリフでした」と明かした。

また、今後もチャンスがあればアニメのアフレコをやりたいそうで、「やってみたいアニメは『アンパンマン』。30歳なので、私の周りに子どもが産まれて、お母さんになっている友人がすごく多くて、みんな、遊びに行って、アンパンマングッズを渡すとビックリするくらい喜んでくれるんです。そう考えたら、『アンパンマン』に出たら、友人の子どもは全員キャーってなるなと。『アンパンマン』の影響力ってすごいと思ったので、出られたらすごく嬉しいです!」と今後の野望を語っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ベッキー、「当然のような態度」でアンガ田中との交際を拒絶して批判殺到!
山崎賢人また失言、大阪なのに...「551のカレー」
16歳で出産した女子高生、整形女性器公開に続き“アナルプレイ”配信! 「最悪のリアリティスター」の声
上西小百合、タレント転身も「全局が一斉出禁」の衝撃情報!
「花より男子」再ドラマ化報道に原作者が言及
  • このエントリーをはてなブックマークに追加