Intel、49量子ビットの量子コンピューティングシステムを開発

Intel、49量子ビットの量子コンピューティングシステムを開発

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/01/12
No image

Intelは1月8日(米国時間)、次世代のコンピューティング技術として、49量子ビットの超伝導テストチップ「Tangle Lake」(開発コード名)の開発に成功したことを発表した。

量子コンピュータは、従来型のコンピュータが処理できない問題を解決する可能性を秘めているが、そのためにはより多くの量子ビットを扱う必要があり、同社では、将来的な量子コンピュータの実現に向けた取り組みとして、超伝導量子回路による手法のみならず、シリコン中のスピン量子ビットを用いた量子回路の研究も行っているとしており、こちらについては、すでに300mmウェハによる製造プロセスでの製造フローを開発済みとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「新型ゲームボーイ」が2018年に登場!ソフトも全部互換
GoogleのAutoMLで誰もが機械学習を利用できる――プログラミング不要、ビジネス利用へも
超人気アダルトサイトが2017年をまとめた統計レポートを公開、日本人ユーザーのフェチも明らかに
今年もっと流行ってほしいデザイントレンド5選
こんなものまで声で操作、CESで発見した音声操作の“意外な家電”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加