「おでん無断発注問題」に見る、セブン-イレブンの終焉

「おでん無断発注問題」に見る、セブン-イレブンの終焉

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2019/11/29

おでん無断発注問題は氷山の一角
11月15日、セブンーイレブン・ジャパンは、おでんを無断発注したことを理由に2人の本部社員を懲戒処分にしたと発表した。
直営店を除けば、コンビニの店舗は本部から独立した企業体である。したがって、本部の社員といえども、オーナーの了解なしに勝手に商品を発注するなどというのは許されざる行為である。言ってみれば、「オーナーの財布に手を突っ込む窃盗行為」なのだ。

Phot

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加