高木美帆は銀メダルもらうも「感傷には浸れない」視線は1000メートルに

高木美帆は銀メダルもらうも「感傷には浸れない」視線は1000メートルに

  • デイリースポーツonline
  • 更新日:2018/02/14
No image

銀メダルを胸に声援に応える高木美帆=平昌(撮影・高部洋祐)

平昌五輪スピードスケート女子1500メートルで、スピードスケートの日本女子史上で最高順位となる2位となり、銀メダルを獲得した高木美帆(23)=日体大助手=が13日夜、メダルセレモニーに出席。銀メダルを首に掛けてもらい、朗らかな笑みを浮かべた。

ただ、複数種目に出場する高木美は、まだ戦いの真っ最中。「メダルは重量的に重いです。まだ、競技が終わってないので、感傷に浸れないのが正直なところ。色んな思いをかみしめるのは、全部終わってからかな」と、率直に語った。

14日は世界記録保持者の小平とともにメダルの期待が懸かる1000メートル。「(1500メートルで)勝つことができなかった悔しさはある。次はもっといいレースをしたい」と、頂点を見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
美黒グラドル橋本梨菜、日焼け跡のグラデーションが超セクシー
フィギュア・宮原知子が4位入賞 松岡修造の「神インタビュー」に称賛の声
人助けよりSNS優先......目前で男に襲われ泣き叫ぶ少女を放置して動画撮影する人々
うつ病の人が良く使う言葉には特徴がある。言語分析で「うつ語」の存在が明らかに(英研究)
朝青龍が「侮辱だ!」とコロコロコミックを批判するも、現役時代の“侮辱行為”が掘り起こされ非難轟々!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加